誕生日 大寒 命日 大寒篇 ─ 裏窓から

21日が大寒で母の誕生日であり
22日が父の命日で早いもので18回目を迎える

寒い時期に人が逝くような気がする
気のせいであって欲しいと冬の間は願い続ける

祖父は伊勢湾台風の来た年の12月15日に逝っている
死因は心筋梗塞だったらしいことを最近になって母の語りから聞いた

わたしには先祖から受け継ぐ運命があって
父も祖父もパタリと心臓が止まってしまって
はいそれまでだった

添い寝していた二人が
真ん中で寝ていた父の身体が
あっという間に冷たくなっていくのを
自分の身体と肌で感じ
「おい 仁が冷たくなっていくわ」
と感じたのだと話してくれたことがあった

冷たくなってしまった日は
22日で
おそらく大寒の明くる日で
山が真っ白に雪を被り
数年に1度かもしれぬという寒波が襲来していたのだった

大寒のころは特別なのだ 私にとっては

誕生日 大寒 命日

供え物も持たずに
墓を訪ねた

私の父の好物はなんだったのだろうとふと思った

すぐに答えられないほどに知らないのだ
それは 私が生きるのに精一杯だからというわけではない

親に甘えているから
それが当たり前の
ぬるま湯だからなのだ

そこにいる限りは
ぬるま湯を沸かしてくれる人のことなど
気にとめない

血脈に潜む重き流れは
凡そ一方向なのだなと犇犇と思う瞬間だ

しかし
それが理屈ではなく当たり前であったからこそ
ヒトは歴史を作ったのかもしれない

そんな大それたものでもなかろうと
仰る方々もおありかもしれないが

ヒトは未熟者のうち
散々な無礼を顧みず
馬齢を加えるにつれて恥を知り
後悔を積み上げてゆく

しかし
まあ これでいいのだ
そういう哲学でいいと思う

ヒトはそんなに完成されたものでなくてもいいのだと思う

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中