温そうな雨  【裏窓から・雨水篇】

❏ 雪景色夢にだけ見て冬終わる
❏ 餃子二つがぶりと食って雨水ぞよ

♡♡

二三日前に嫌な夢を見たので、それが正夢になったら嫌だからここに書いておくことにする。

夜中に珍しく弟から電話がかかってきて母が急に死んでしまったと非常に冷静に話す。
こりゃあ大変なことになったと慌てなくてはならないところだがやけに冷静に応対している。

夢だから細かい心理や動揺まではまったく記憶してない。
とにかく平然として電話を聞いて慌てずに私が振る舞っているのが不思議なのだ。

♡♡

夢を見ながらなのに
不思議な夢だと思って、自分の反応に空想のような非現実を感じている。

これは夢だから母はまだ生きているのだ
死んで欲しくない人殺してしまうような嫌な夢だ
そんなものを意志に反して見てしまい
だが、消せないだけに段々腹も立てている。

夢の非現実性に気付いている。

私は眠っている。
だから夢として分類していいだろう。
私は非現実なことの様々を考えつつ、うつらうつらとしている状態にあった。
やはり夢であったのだ。

だから、正夢になっては困る。
だからといって胸にしまっておくのも気持ちが晴れない。
そこで、誰かに話しておくか、
こうして書き留めてしまうのがいいのではないかと考えた。

(続く)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中