宮下奈都 はじめからその話をすればよかった(その3)

メモ帖に書きとめたことがらを書き写す。
トリガーになる部分だけ。


【048】 いつか、また会える
もうこれで終わりだとそうはっきり感じることができるのは若さの特権だと思う。痛々しく、残酷な特権だ。泣きながら、さようならと手を振ることができるのは若いからだ。いくつもの人や物事との決別を繰り返し、人は年を重ねていく。

【066】わからないということ
小説というのは、わからないことに言葉で挑むことだと私は思っている。わからないけど、知りたい。つかみたい。何か。それを根気よく追いかける。いい小説には答えではなく、問いがある。

【077】宇宙飛行士になりたい!
子供は種である。どんな種なのか、ぎざぎざの葉っぱが出るのか、赤い花が咲くのか、甘い実がなるのか、ぜんぜんわからない種だ。種に刻まれたDNAがどんなふうに発露するか、それだって誰にもわからない。親にできることなど、少しばかりんことだ。できるだけやわらかい土に蒔いてやり、水をやり、日に当て、すくすく育つように祈るくらいのことだ。

【081】同じ月を見ている
「同じ月を見ている」というのは使い古された言いまわしなのかもしれない。離れていても、隣に並んで月を愛でることはできなくても、きっと同じ気持ちで月を見上げている。そういう糸がいると信じられるだけでどれほど心を強く持つことができるだろう。

【123】 おついたち
その気持が、こどもを生んで少し変わった。誕生日って生まれた日だけじゃない。生んだ日でもある。こどもにとっては、生んでもらった日なのだ。

【126】 チョコレート
若かった頃、バレンタインに意を決して、好きだった人にチョコレートを贈った。

【129】 パン
たぶん、適当に粉と卵と砂糖と牛乳を混ぜて、フライパンにバターを溶かして焼いてくれたんだと思う。

【141】 眺めのいい道
桜はまだ咲かない。凛とした空気の中、上着を羽織って散歩に出る。青い空の下を歩きながら、生き方を突きつけられているのは子供たちではなく、私のほうだ、と思った。


「いつか、また会える」と「おついたち」は
なかでも余韻が強くてピリピリと心の片隅に滲みている。

こういうところがこの人のとても魅力的なところなのだと思う。

いい人に出会えた
小説家でよかった
リアルだったらしばらくは痺れきってしまうかもしれない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中