スモモ成り父の形見や十六年

スモモ成り父の形見や十六年

父が逝ったのは平成10年(1998年)のことで夢のように私の前から消えてしまう。
あれからやがて20年を迎えることになる。

ヒトの人生とは考え尽くしたところで何も答えは出ない。
だが考えつくされてゆく。

生まれてから成人するころまでは父や母というのは居て当然という無意識のなかにある。
そんなふうにして大人に成長してきた人が大部分だろう。

スモモ
スモモ

私も例外ではなかった。
貧乏な農家の長男として(非常に古典的な宿命も背負いながら)東京に遊学させてもらい親不孝を鈍感に続けてきた。

ちょっと誰にも話さないような野望に似た夢を抱いていた時代があった。
「いつかはオヤジと」という言葉があるように  ─  ウチらには「オヤジ」「おふくろ」と呼ぶ方言はないが  ─  「いつかそのうちおとやんと」と考え続けて青年のころを生きていた。

二十歳を回って苦労をかけるのも限界に近づきそろそろ社会に出る時期が近づいたというころには切実に「いつかおとやんと飲もう」という気持ちも手の届くところに来ていた。
ところが、(油断のようなものだろう)自分の選んだ道は自分の手柄のように勘違いして三十過ぎても突っ走っていた。

社会人になってからその次の約20年間 ─  2ndステージで何かを実現させたかといえば勢いに甘んじていたのだった。
散々ヒトにお世話になっておきながらなんの恩返しもせずに生きていた。
今のナリで生きておれるのは自分の手柄なのだみたいな顔をして生きていた。

おとやんと話をしたのかと問われればそんな記録も記憶も殆ど無い。
何をしていたのか
キツネに抓まれたように貴重な時間や金を浪費した。
父とゆっくりと話をした記憶もない。

その大バカな人生の 2ndステージを10年ほど過ごし、33歳のころに京都から古里に戻るのだ。
だがその後の時代には、クルマで45分ほどという好条件であったのに、あまり家には帰らず、泊まることも滅多になかった。

そしてそんな20年という 2ndステージの終盤で父は夢のように逝った。

あれから18年が過ぎてしまっている。

「今年の初なすびを持って帰るか」
茄子(なすび)を袋に詰め込みながら
「スモモが成ってなあこれも持って帰り」
と母が袋に詰めてくれる。

トウモロコシが欲しくてそのことをいうと「あと二三日先や」と言う。

そんな気の利いたときにモノが思い通りに手に入るものか
親が死ぬときにも傍にいなかった者に──
と思ったかどうかはわからない。
18年前には何度もそう思っただろうがもう感情も風化したかもしれない。

「スモモの木をおじいさん(父のこと)が死ぬ前に植えてあってな それが二年ほど前から成るようになったんや 桃栗三年柿八年というやろ 桃と違うてえらい暇が掛かったわ」

母はそう言ってスモモを手のひらに載せきれないほどにくれた。

広告

口げんかあなたのあとに蛍なき

▶ 

10年前の今ごろの作品

さあ、ホタルでも見に行きましょうよと仲良く二人でお出かけしたものの、
ちょっとした弾みで口げんか。
あらら。

いいえ、私が悪かったのと思っても意地もあるしな。

あなたの後を黙って歩いてついてゆく・・・・
ホタルが飛んでるよ。綺麗だよ。
でも、ホタルも見ないで、しょんぼり歩く・・・・

そんなショートドラマを私は作りました。
俳句というより川柳っぽいでしょ。
川柳は心を突き刺すのよ。

父の日の余韻を引いて夏至になる 夏至篇 ━ 裏窓から

3月5日に生まれたのだからまもなく4ヶ月になる。
そんな赤ん坊を見ていると、不思議な事が幾つもあることに気づく。

私たち家族はこの子の周りで勝手に喋るから騒々しい。
つまりこの子は雑音のなかに放置されている。

音というのは、オシロスコープで電子波形にすれば、素人であるほどにそれが生活音なのか人の声なのか区別がつかない。百貨店やスーパーなどの雑踏に連れ出せば無限の雑音に埋もれる。

ヒトは音をきちんと区別するのでやかましい空港の雑踏の中で英語のアナウンスの案内をされても聞き分けられるように訓練できるし、電車の通る振動が喧しい線路沿いのアパートでも揺れや騒音を気にせずに生活ができるようになる。

赤ん坊を見ると、そんな区別をする能力はない事がわかる。
それはさらに、視力においても同様で、目に映る物の遠近、形状、重なり、動きなどがそれぞれにおいて不十分であることが、些細な動作を見せていてわかってくる。

人が呼びかけたり叫んだりする声と廊下を歩く足音は同一平面の音で認識していないようである。
丸いものは認識できていそうだが、四角は形として認識できていないのではないか。
赤いい色は分かるようだが、他の色は白黒のように見えてはいまいか。
人形を持った人の姿は、モノを持っているというようには捉えられず、平面的な画用紙の絵のようなものかもしれない。
それらの一部のパーツが、アハ体験のようにスーッと移動しても、動作を認識できていないようだ。

視覚だけではなく、感情も同じことが言える。
感情の話は小難しくなるので省略するが、

人間の脳みそは、私たちが日常生活で数理式とはまったく無関係のように演算処理をする微分的解析を、劇的な速度で進化させていく。

知的記憶機能を持つ動物が備える微分という解析能力を身につけ
脳みそが増殖してゆくのを手に取るように感じる日々が続く。

♣♣♣

夏至
平成28年夏至

梅雨の合間に日が差せば暑くなる。
最高気温が30度を超えることもある。
そういっても周期的に雨が降れば物質から熱エネルギーは奪われ続けるので温度上昇は継続しない。
自然から生まれたものはこのようなエネルギーに関わる物理現象において、緩やかなものが多いのではないか、
とこのごろつくづく感じる。

簡単な一例にとして藁の家をあげてみる。
藁は自然の中から高度な加工技術を伴わずに古代の知恵で人々の暮らしの中に溶けこんでいった。

一方で、科学技術が生み出した高性能な建材や構造物は強靭であるだけでなく、熱エネルギーに対してもポテンシャルの高いものが多い。
人類が二十世紀になって生み出した資材は、地震の揺れにも破壊されない強靭さを持ち、3匹のコブタが語るように、火事にも風雨にも諸共せずに私たちを守ってくれる。寒さにも強いので暮らしも快適になっている。

何不自由なく暮らすためのあらゆるものを生まれた時から供給されて、衣食住において、さらに福祉や労働、精神衛生などでも満足度の高い社会システムが出来上がっている。
そんな体制のなかで、現在の我々は生きている。

わたしは藁の家で暮らした経験はない。
筵の上で寝たこともない。
川に水を汲むために尾根を駆け降りたこともない。
雨漏りがする家で夜を明かしたこともない。

暖房が不十分な夜、冷房のない夜を過ごしたことはいくらでもある。
電気の途絶えた夜も何度か経験した。

果たして、今の暮らしがいいのだろうかと思うことがある。
人々は完璧を得てはいけないのではないか。

精神的な面で言うならば、癒やされ続けて癒され終わってしまって癒やすものがなくなってしまえば果たしてそれが理想なのか、というのに似ている。

不完全で不満があって解決するための努力が延々と続く状態が必要なのかもしれない。

夏至が過ぎてしまえば、気がつけくと熱帯夜や真夏日という日が続くようになっているだろう。
気象庁の観測点での寒温度計の数値だけでは表現できないものが気象データの裏にあり、暮らしの中で違いとなって表れてくる。同じ温度計の数値でありながら森のなかは快適であることがある。

人々は何故に藁の家を諦めたのか。
木の家に住み替えて、次には新しい建材の暮らしに移っていったのか。

モノの哲理の観点に戻って、せめて木の家あたりまで巻き戻す必要があるのだと感じる。

経済理論が邪魔だ。
更には既得権として与えられた豊かさと満足度も。

余韻を引く。
とても大事なことだ。

余韻を切る。
これも然り。

続 人生は夕方から楽しくなる

(前回から続き)

「人生は夕方から楽しくなる」 (毎日新聞)の連載記事のタイトルを見ながら、平成26年(2014年)にイオンがGG向けにイメージ・コピーした「人生は、後半戦がおもしろい。」を思い起こした。

「夕暮れ」であるとか「後半戦」という言葉は私がときどき使う「第3コーナーを回った」とか「第4コーナーに差し掛かった」にも似ている響きがある。 「人生の」という形容詞をつけるとさらに具体性を帯びてくる。

もう終わりに近づいているから、もうすぐ終わるから、楽しかったところは過ぎ去ったけど、悔いのないように生き抜こう。
昔ならそのようにいいながら似たもの同士が肩を抱き合って闘志を燃やそうとしたのだろう。

しかし、そうは問屋が卸さないという元気な爺さん婆さんたちが増えたかもしれない。夕暮れからもうひと踏ん張りして楽しさを再び味わおうじゃないか、というわけである。

そこには、人生の終盤ではモノの価値の尺度や方向をもう一度見直して新しい気持ちで自分の体力にあった人生を送ろうという、言ってみれば人生を惜しむような心に立ち向かおうじゃないかという心や負けん気もあろうか。何も歳を食いながら老いぼれていくばかりが人生の後半戦ではないのだ。そんな意気込みを前に出して、同世代の皆々様から共感を呼ぼうとしている。

商業利益率が決して高くないから、若者のようにチヤホヤされなくなった。
TVの視聴率においても50%少なめの重み付けにされてしまっても仕方がない。

むかしは良かったと言って総スカンを食った過去の歴史の老人たちの二の舞いは嫌だからそんなことは言いたくない。
しかしよく考えてみれば確かに昔はよかったけれど今はもっといいのではないか、と気づいているところが現代的老人群である。

そういう老人集団にエールを送ってせめて敬意を表して新しい時代を作るヒントを探ろうと、そんな大それたもんでもないだろうけれども、世の中が経済指数ばかりに重み付けていては、やはりいつかどこかで破綻するような予感がするのだ。



ここまで mixi で書いて放置している

さて続きを書くか

 

 

人生は夕方から楽しくなる

「銀漢亭」主人 伊藤伊那男さん のインタビューが新聞記事(平成28年6月10日毎日夕刊)にあった。(検索で簡単に出ます)

本文をコピペして、思うことをメモっている。

「銀漢亭」主人 伊藤伊那男

以下(mixiからの増殖版)

mixi におぼえがきのようなことを書いて、後で読んで苦笑いをしている。

人の心には、多かれ少なかれ自分を少し説明してみようという気持ちがある。 そんな気持ちが少ない人もあるだろうけど、それは少ないなりに表情に出るのだから、それなりに観察してオモシロイ。

プロフィール写真などを見ていると、顔を出していない人が何割もある。あれって本当は出したくてムズムズしている人もあるわけで、観察してみるとそれが伝わってくる人がある。

この人 美男子/美人なんだろうなと想像できる人も多くて、大体そういう人ってなんにも隠す必要ない人だったりするのだが、隠してみたいのだろうか。ちょっとした見栄で隠してみるけど、公開するチャンスを待っているようにも思える。そういう人は、むしろ、早めに見てもらった方がその人にも好印象であったりすると思う。それでも隠すのがストーリーなのだ。

見せたからといって印象がねじ曲がってしまうと思うのも、あれも虚栄の1つなのだろう。人は町中を歩くときは顔見せているわけだし、電車の中でも隠してないから、意識しすぎているのだが、それがその人流のオシャレだ。

そうしてみていると、人の心理ってのはおもしろくて仕方がない。

俳句をする人には、現代詩を書く人と違って、密やかな主張があると思う。押しのようなものも秘めている。

17音以上の説明はしませんとかいう。

なのに、チャンスがあったらたくさん語るときもあるし 、その語りがその場その場でいい加減だったりもする。自己陶酔の領域に入っている人もいたりする。

言葉が少なくて語り足りない気持ちがあるのだろうか。
想像力を生かして私の心をわかってほしいと思うのだろうか。
わかりっこないから、いいわ、と諦めるのだろうか。

無言でありながらキツイ主張がある。
コチラが味わっている顔色までも観察されているような気がする。

俳人ってのは、
ロマンチストで見栄張りで、
自己主張が強くてはにかみ屋で……。

挙げれば何でも当てはまるけど、ちょっと補足説明がいる人ばかりだ。

ストレスを癒す  【裏窓から】

大きな潜んでいるものを考える前に
ふ~~っとひと息ため息ついて随想記でも書いてみようか。

ストレスなんてあたしにはもはや関係ない。

わたしは、仕事も社会活動も放棄に近い形で引退してしまった。あれ以来身の回りからストレスが消えてしまったように見えている。しかし実際には消えたのではなく私自身が無視しているといったほうがいいのだろう。

ストレスがない暮らしにもストレスがある。貧乏暮らしには貧乏暮らしのストレスや悩みはあるのだが、そんなことはハナから理解してもらえないだろう。ストレスと言っても一括りでは分類できないのだ。

連休や夏休み、秋の休みには必ず10日間ほどの休暇をとってバイクで旅に出ていた。

「何故旅に出てくるのだろう」と自問自答を繰り返し日常からの「逃避なのだ」と出会った人たちと意気投合して飲み交わしたりもしている。

今でもバイクに乗ることは好きなままだが、必死になって逃避をしに旅に出る必要はなくなった。

もうひとつ出かける気力がわかない理由ががある。
それは旅先で出会う新鮮な驚きとなるものが昔のように刺激的でなくなったことが大きい。

そこでしか味わえないもの、生まれて一度も見たことのないもの、どこにも情報がないものを見つけに行くという歓びがあった時代は終わった。今は用意されたメニューが揃うだけだ。

どこかに情報があって(大抵はネット検索ができて)、そこへのルートや実現手段に失敗はない。
ほとんど完成された商品として提供されてくるのだから魅力がない。

完成されているのもは旅に限ったことではなく、旅や遊びの手段、あらゆる情報だけではなくあらゆるところや仕組み系列に及ぶ。

仕事のシステムであっても、パソコンのツールであっても、広義に考えて、恋人になる人との出会いの瞬間においても、全てが筋書きもどき、または調べ尽くされた情報、完成された道筋やツールがすでに存在していることが多い。

これまでにも触れてきたことであるが、そのことを現代の若者に指摘しても、ふーん…時代が違うから…と関心を持たないようだ。過去からの「変化率=δ」にもっと理論的分析心を寄せなくてはならないと思うが、しかしこれも、満たされた自分たちの「今」があって無反応に近い。

経済成長の時代は暮らしのレベルや意識の豊かさ、幸せ感などにおいても発展する過程とともに自分自身が成長できた。しかし二十一世紀になろうとする頃からは完成された社会になってくる。

物質は満たされ、豊かな暮らしが当たり前になって、幸せが頂点に達している。

情報ネットワークが整備され、割と重要な役割を社会のなかで担っている「無駄」とか「冗長度」というものが消えてゆく。

あらゆる進化の過程・発展の過程を省略して完成した形の社会にうまれて育ってゆく人たちには、引き返すところも崩れ落ちるところも用意されていない。

自分たちで解決しなさい。
ストレス社会の対策も。

癒される ─ 芒種篇 【裏窓から】

癒すという言葉がいつのころからか気にかかっている

ネットに登場し少し氾濫気味にみんながやたらと大事に使うし安易に使いすぎるように感じることまであって時々反発のようなものも感じることがある

そこでその言葉について考えこんでしまった

まるでショーウインドウで流行りの服を眺めるようにちょっと立ち止まって考え続けている

答えは出ないのだが、その前に問題が見えてこないのだとも気づき始める

癒やすという言葉は昔からあっただろうが、よくよく考えると、近年やたらと使われるのが気に喰わないだけなのかもしれない

それにしても「癒やされてみたい」というように猫も杓子もが愛用しすぎていないか

つまり安易に癒やしという言葉にすがりつき過ぎてはいまいかとも思うのだ

身の回りで私たちを癒やしてくれるものはたくさんある

犬さんや猫さんから赤ちゃんまで、更には、音楽からスイーツまで、テレビドラマ、映画、演劇、伝統工芸品、絵画、焼き物を眺めても癒やされる

変わったところでは、ぼんやりと日課のように眺める窓辺から遠くに見える大きな木の陰に停まっている赤い車が想像させる架空の物語……を自作したりしても癒しがある

一体どんな人が乗っているのだろうかというような空想から始まり他愛もない小説の場面が流れるように想像が膨らんでいけば心の突っ張りを取り去ってくれる

現代社会を生き抜く人たちは、みんな、そんなに癒やしに頼らねばならなず、癒やしなしでは生きていけないほどに疲れているのだろう

それほどまでに社会のなかにストレスが病巣となって広がって人々の心を蝕んでいるのか

ストレスって何だろうと考える

仕事、人間関係、見栄・虚栄、意地っぱり、衣食住の欲求不満などから生まれるものが真っ先に思いつく

みんな逃れるところがなくて四苦八苦しているのだ

逃げ道が用意されずに行き着く場所を見失っているのだ

少し斜め(ナナメ)からそういった現象を眺めてみるとオモシロイ

のらりくらりと暮らしながら社会にこうしてストレスがもたらす心の棘や歪をじっと観察してみる

その奥に大きなモノが潜んでいるようにも思えてくる


芒種のころに考える ─ 考えはまだまだ続く