人生を回想する(断章) 裏窓から-秋分篇

22日は秋分
随分と過ごしやすい日々が続いています
台風も暴れていますが

🍀

三千枚の金貨(宮本輝)の中で(上巻192ページ付近)▶️日記

「小宮先生は、水墨画の基礎だけを教えて下さるの。 筆の持ち方、墨のすり方、墨の濃淡の作り方…。○を何百回も描いて、次は横線を一本、それも何百回も描いて、」

どんな世界にも基礎としての決まり事がある。 この決まり事をしっかりと修得しておかないと、自分独自なものは生まれてこない。いわば不動の型で、それをおろそかにして我流で次ぎに進もうとしても必ず行き詰まってしまう。

「いまはとにかく自分で描きたいものを忠実に写生するようにって言われてるの。鉛筆でいいのよ。でも忠実な写生でないと駄目だ、って。適当なデ フォルメは断じて認めない。風景をスケッチするとき、遠くの電線四本を、ずるして三本にしてはならない。瓦屋根の瓦の数を誤魔化してはならない。私、それ を先生の仰有るとおりにやってて、ひとつ気づいたことがあるの」

「私はこれまで風景を見ても花を見ても、人間の顔を見ても、じつはなんにも見えてなかったんだ、ってこと。 斉木さんも一度やってみたらいいわ。 奥さんの顔がいちばんいいかもしれない」

と書いていたことを私の頭がうっすらと覚えている。

すぐには思い出せないし日常は思い出しもしないのだが、どこかに断片が残してあるのだろうことはわかっていた。

それを、とある人の日記で拝見した一文で再び思い出すことになって(簡単なコメント足跡を残して)、自分の日記を懐かしんで探していると上のような切り取りメモが出てきたわけです。

そしてついでに、同じころに読んだ「水のかたち」の読後の日記もあった。宮本輝の言葉が残っていた。

「善い人」もことに触れている
 * 現代社会ではどんどん希薄になっています。それはどうしてなのかと考えてみると、人間って非常に嫉妬深い
 * 友達の旦那は大会社の役員になったのに自分の亭主はリストラされたとなれば、仲のいい友達だろうが妬み心が生じ
 * 立場が逆になったらどうか。そういう嫉妬心が強い人が、今度はきっと必要以上に上から目線になる
 * 収入だとか地位だとか、そんなものを尺度にして物事を考える人の一番欺瞞的なところは、今の自分よりいい人に思われたいという気持ちが人一倍強いということ
 * 僕は人間の一番汚いところは、じつはそこなんじゃないかと思っている
 * 人からもっとこんなふうに思われたい、いい人に思われたいという気持ちは表裏一体で
 * 自分より劣っている人をさげすむのと同じことです。これを同じだ と考えない人が、今すごく増えています

と宮本輝のインタビューをメモ書きしている。▶️日記

人生は、後半戦がおもしろい
という日記もあった

むかしの方が真剣だったのか、このごろの方が腹が据わったのか
横着になったのか、諦めがついたのか

そんなことを考えながら

さて、
秋分篇は何を書こうかとぼんやりと考えている間にアレヨアレヨと時間が過ぎていった。

つづく

広告

堀川惠子 裁かれた命 死刑囚から届いた手紙

20160907%e8%a3%81%e3%81%8b%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%91%bdimg_2460
堀川惠子 裁かれた命

永山事件とその裁判において、私たちが日常では触れることのない数々の背景を深く掘り下げて報告をしたのが堀川惠子著

  • 死刑の基準-「永山裁判」が遺したもの
  • 永山則夫 封印された鑑定記録

の二冊だ。少し間を置くがそれに続いて

  • 裁かれた命 死刑囚から届いた手紙

を読んでみた。読めば随所で身体が震え上がった。ストレートに衝撃がくる刺激的なルポだ。

これまで抱いていた刑法への考え方の浅さを知り、また一人の社会人として、刑法をあるいは刑罰の概念を見直さねばならないのでは、とガツンとやられたのだ。我々の持つ罪と罰の概念が、古くさくて不明瞭だったことに気づく。

この「裁かれた命」は永山事件よりも昔の事件である。死刑囚はもしも生きていたら70歳ほどになる。

事件当時二十歳を少し過ぎた若者で、その兄のような年齢の検事が捜査をし、親に近いほどの歳になる裁判官や弁護士が被告人を裁いた。(一審の弁護人は亡くなられている)
永山事件で「死刑の基準」を考察した堀川さんは、新しい歴史から古い歴史へと事件を戻り、一人の人間に適用される刑法とその罪と罰についてテーマを選んでいる。
決められた仕組みのなかであたかも決められたような手続きで確定してゆく罪と罰を、堀川さんが掘り起こした資料や事実を読んで、もう一度考えてみる。

…と書いたものの刑法がわかるほど私は専門的な人間ではないし、日常でもそれほど興味も抱くチャンスもない。

現代社会に平凡に暮らす人には、刑とか罰というものを深く考える時間などほとんどないのではないか。更に言えば法律(の学問)は面白いとか楽しいとは言い難い。そういう点で、非日常的な(謂わゆるドラマのような日常の裡を)まったく違った切り口で突きつけてくる。

私たちの誰もが心の中に善と悪、罪と罰に対する考えを持っているだろうから、当然のことながら照らし合わせて、テーマが問いかける答えを模索する。

現代であっても、裁判員制度の上で刑事裁判が行われれば注目度が高く、殺人事件などであればさらにメディアが騒ぐ。死刑が求刑されるようなケースは、やはり大勢の人が事実を見つめて、その裁きのゆくえに関心を示す。そのようなことと同じ背景にあって、さらに今と50年近く昔との尺度や仕組みの違いや変化があって消化不良な面を残したままなだけに、このような作品は惹きつけるものがあるのだ。

永山事件とこの作品には共通点がある。死と向かい合う人間がいて、それが死刑とはほど遠い人間であること。必ずそこに日本の歴史背景があって、家庭的で人間的な事情があって、誰もが答えを言葉にできないような人間の心の深層(真相)に迫るものがある。さらにドラマではなく事実だということも重要だ。

終わってしまっているけれども事実が残る。NHKがドキュメントにしたそうだ。たぶん難しかっただろう。中身が濃くても視聴者のレベルにずり寄ってしまえば別のものになる。

テレビは怖い。事実をベタに並べればいいというものでもなかろう。書く人の視線の方向も大事だ。

死刑囚は、事件の捜査検事に宛てて独房から九通の手紙を書いている。さらに、二審と上告での弁護士に四十七通の手紙を書いた。その手紙はいつも、便箋で三十枚にも四十枚にも及ぶ分厚いものだったという。

調査資料として要約した原文を引用しているが、一文一文がしっかりとしていて、手紙として非常に完成度の高いものだということがわかる。二十二歳の若者が書いた丁寧な手紙を読んでいく。

死刑が確定して執行を待つ死刑囚が書いているにもかかわらず、とても冷静で落ち着いていて内容も明瞭だ。手紙の文章は上質で殺人という犯罪を犯すイメージとはかけ離れている。
上告趣意書も一部分を引用している。

関係者を探し出して、話を聞き、上告趣意書や手紙を整理し、公表された数々の資料を掘り起こして、手紙を書いた人物(死刑囚)を見つめ直す。
死刑という刑罰を見直さねばならない、というような表現は、作品のどこにも記述していない(と思う)。死刑を宣告された登場人物の裁かれた判決に(結果に)異論があった、と書いているわけでもない。

捜査検事は、三十年の検事生活の間に一度だけ死刑を求刑したことがあり、それが前科もなかった二十二歳の青年だった。おとなしくて真面目な青年であったという周囲の評ばかりが目立ち、手紙には苦しみや償いについてのあらゆる想いや生きる意志が綴られる。

関わった人々を探し当て歴史を掘り起こしてゆくに従って見えてくる青年の実像のようなものを洞察すると、死刑という裁きについての他に、刑法が捉える犯罪概念と人間への罰のことを考える事になる。

偶然、半月ほど前にも新聞記事が目にとまった。2010年に宮城県石巻市で当時18歳の少年が元交際相手の少女の実家に押し入り、少女の姉ら3人を殺傷した事件で、死刑判決が確定した。裁判員が裁いた少年事件では初めてということでメディアが騒いだ。

犯罪者を「生きる価値がない人間」として社会から消すことで何が生まれるのか、と問い続ける声は世を絶たない。奥に潜むものが解決されないままになっていることを意味するのだろうと思った。

いわし雲 (裏窓から) ─ 白露篇 


🍀 巻頭言

鰯雲一駅歩いてしまいけり  池田澄子

まさにこの句がドンピシャな季節になってきました。

朝の通勤電車を一本だけ早めて散歩をしながら出勤する人や帰り道で夕焼けを見ながら遠回りをしている人たちの声も届いてきます。ご機嫌なのが勢いづいて、赤い暖簾をくぐってしまいたくなることもあるかもしれません。

そんな風にひと夏が終わって、ほっと一息ついている方々もおられることでしょう。
夏の異常気象が起こした災害のニュースが年々私たちを驚かせますが、兎にも角にも、記録的なできごともなく我が家も秋を迎えています。

電力会社から今月の電気使用量の通知メールが届きました。ちょっと前から、郵送の請求を廃止して電子メールの連絡に変わり、ホームページでも使用量を確認できます。新しく便利なことが幾つか始まっています。

我が家は30アンペアの設定ですので、エアコンを2台同時運転をして何かのスイッチを入れると、運が悪ければ家中が真っ暗になったりすることが時々あります。それでも30アンペアで頑張っていますが、よその似たようなタイプの家庭での使用量などをホームページでは比較ができます。

また、前年同月の電気料金をグラフを見ながら確認できます。去年の夏は今年よりもたくさん電気を使ったかどうか、が一目瞭然です。日記を辿って、去年はエアコンや冷蔵庫を買い換えたのだなと思い出すことで、電気使用量のグラフの意味がわかってきて、とても便利になっているので驚きます。

秋の暮ともかく終点まで行こう 池田澄子

九月から十月へ。
秋まだまだ深まります。


🍀 あとがき

秋といえば…サンマ!と真っ先に思い浮かびますね。食いしん坊ですから。

毎年8月下旬か9月早々にお店にお目見えし、お値段は3倍くらいと高めでも思わず手が出る秋の味です。
気候変動で収穫具合が気に掛かりますものの、紀伊半島沖まで下りてくる年の暮れまでの間、たっぷりと楽しみたいと思います。

他にも、思い浮かぶ物が多すぎて困ってしまいます。

運動会、お祭り、文化祭、野外コンサート、バーベキューなどなど。
そして、久女が読むように読書の秋でもあります。

書肆の灯にそぞろ読む書も秋めけり 杉田久女

秋から冬にかけては、講座にも注目してください。
「伊勢湾の再生を考える」 環境県民講座も始まります。

図書館、博物館、美術館もざわざわしてます。

三重県外の話ですが、京都国立博物館では

  • 「没後150年 坂本龍馬」10月15日(土)から11月27日(日)

なんていう情報もあります。

秋はワクワクです。