人生を回想する(断章) 裏窓から-秋分篇

22日は秋分
随分と過ごしやすい日々が続いています
台風も暴れていますが

🍀

三千枚の金貨(宮本輝)の中で(上巻192ページ付近)▶️日記

「小宮先生は、水墨画の基礎だけを教えて下さるの。 筆の持ち方、墨のすり方、墨の濃淡の作り方…。○を何百回も描いて、次は横線を一本、それも何百回も描いて、」

どんな世界にも基礎としての決まり事がある。 この決まり事をしっかりと修得しておかないと、自分独自なものは生まれてこない。いわば不動の型で、それをおろそかにして我流で次ぎに進もうとしても必ず行き詰まってしまう。

「いまはとにかく自分で描きたいものを忠実に写生するようにって言われてるの。鉛筆でいいのよ。でも忠実な写生でないと駄目だ、って。適当なデ フォルメは断じて認めない。風景をスケッチするとき、遠くの電線四本を、ずるして三本にしてはならない。瓦屋根の瓦の数を誤魔化してはならない。私、それ を先生の仰有るとおりにやってて、ひとつ気づいたことがあるの」

「私はこれまで風景を見ても花を見ても、人間の顔を見ても、じつはなんにも見えてなかったんだ、ってこと。 斉木さんも一度やってみたらいいわ。 奥さんの顔がいちばんいいかもしれない」

と書いていたことを私の頭がうっすらと覚えている。

すぐには思い出せないし日常は思い出しもしないのだが、どこかに断片が残してあるのだろうことはわかっていた。

それを、とある人の日記で拝見した一文で再び思い出すことになって(簡単なコメント足跡を残して)、自分の日記を懐かしんで探していると上のような切り取りメモが出てきたわけです。

そしてついでに、同じころに読んだ「水のかたち」の読後の日記もあった。宮本輝の言葉が残っていた。

「善い人」もことに触れている
 * 現代社会ではどんどん希薄になっています。それはどうしてなのかと考えてみると、人間って非常に嫉妬深い
 * 友達の旦那は大会社の役員になったのに自分の亭主はリストラされたとなれば、仲のいい友達だろうが妬み心が生じ
 * 立場が逆になったらどうか。そういう嫉妬心が強い人が、今度はきっと必要以上に上から目線になる
 * 収入だとか地位だとか、そんなものを尺度にして物事を考える人の一番欺瞞的なところは、今の自分よりいい人に思われたいという気持ちが人一倍強いということ
 * 僕は人間の一番汚いところは、じつはそこなんじゃないかと思っている
 * 人からもっとこんなふうに思われたい、いい人に思われたいという気持ちは表裏一体で
 * 自分より劣っている人をさげすむのと同じことです。これを同じだ と考えない人が、今すごく増えています

と宮本輝のインタビューをメモ書きしている。▶️日記

人生は、後半戦がおもしろい
という日記もあった

むかしの方が真剣だったのか、このごろの方が腹が据わったのか
横着になったのか、諦めがついたのか

そんなことを考えながら

さて、
秋分篇は何を書こうかとぼんやりと考えている間にアレヨアレヨと時間が過ぎていった。

つづく

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中