自然に還るということ - 雨水篇 【裏窓から】

県庁へと登る坂道に小さな紅色の梅が花を咲かせているのを見つけたのは大寒を二、三日過ぎた朝のことだった
あの日は霙まじりの空模様で梅の花は冷たいしぐれに打たれていました

梅一輪一輪ほどの暖かさ  服部嵐雪
あれから幾度も雪しぐれの日がありました
けれども、春は確実に着々とやってきています

梅が香にのつと日の出る山路哉  松尾芭蕉
梅という花はとても高貴で芳しい香りを放つので大好きです
ぴりっと冷たい空気の朝、散歩に出かけてみると
どちらからともなく甘酸っぱい梅の匂いが漂ってくると幸せ気分が二倍になる

🍀

今月号のメルマガにシイタケの菌打ちの講座の案内を見かけました
これは農家では冬の仕事の一つでした
子どものころ、父がたくさん椎茸を育てていたのを思い出します

思い出といえば、今はほとんど見かけなくなった炭焼きも二月頃でした
煙が濛々と昇る炭焼き小屋の山まで連れられて行き小屋の中に入ると
中は真っ暗で生暖かった
もう記憶というには儚いほどぼんやりとした微かなものになってしまいました
消えてしまってはいけない暮らしの一コマなのだと思うのは昔人間だけでしょうか
あの温もりが懐かしい

何年か前に炭焼き小屋がどこかに残っていないかと思い山道を探し回ってみた
しかし、今やそんなことに時間や金をつぎ込む人はほとんど消えてしまいました

忙しいのか興味がないのか非実用的と思っているのだろうか

コメを生産する農家の人々は冬になると山へ行って仕事をすることが多かった
山は私たちの命を育んでくれている大きな資産です

文明が進化して、あらゆるものが最初から揃っている時代になった
便利で何不自由なく幸せに暮らせるから
豊かさはICチップやコンクリートの建物の中から生まれるとでも考えているのだろう

一人の技術者としてそんな浮かれた幻のような幸せに惑わされてしまっていたのが恥ずかしい
ヒトは不便に回帰して自然の守られて暮らすのが本来の生きる道だ
しかしそんなことを言い出せば変わり者扱いされるだけでしょう

雨水のころになると
間違いなく暖かい日が何日かおきにきて
嬉しくなってしまう

冬は冬で特別に嫌いではないのだが
寒さに気を張りつめている日々から時には解放されたい
と思っているのだろう

🍀

二人で買い物に出かけて
たくさん並んだ催事場のチョコをみていると
なんの申し合わせもなく何種類か買って帰ってきてしまう

バレンタインにチョコを贈ったりもらったりして
感動をしたような記憶はないのだが

大雪が降って
道路も何もかもが埋もれてしまった思い出がある

春を待つ今の季節は
嬉しいものから悲しいものまで
思い出がたくさんあり過ぎて少し困る

広告

牡丹雪別れの朝の1ページ ━ 立春篇 【裏窓から】

🌸 サクラサクあなたは都会の人になる
👹 手を振ってホームに消えてゆく二月
❄️ 牡丹雪別れの朝の1ページ

「裏窓から」シリーズにお越しくださってありがとうございます

二十四節気の日に思いを綴りはじめたのがいつのころからでしょうか
はじまりは日記を辿った彼方になってしまいました

「塵埃秘帖」や「雷山無言」と合わさったり離れたりしながら長い年月にわたっ
てやれやれと呟きながら書き続けています

二十四節気という周期がちょうど心地のよい時間の流れなのでしょう
こうして書き続けていられるのはありがたいことだと思います

自分を振り返りつつじっと考えこむ時間と季節が過ぎゆく間合いの調和がうまく取れているのでしょう

前年も前々年もさらにその昔も立春という節には同じようなことを思うことのくり返しです
60年を生きてきても代わり映えすることなくさほど進歩もせず今を迎えています

あらゆるものに過去があります
そこに後悔や反省はつきものです

今となっては突然優れた人物に変身できるわけでもありません
自分の足跡は人間の器に応じた人生であったのだろうと振り返っております

まだこれからも暫くはあれこれと考えたり悩んだりするでしょう
ときには失敗をしまた反省をする日々を送ることがあるかもしれません
しかしながら人生の最終コーナーをのらりくらりと愉しんでゆきたいと願っています

節分・立春のころに「裏窓から」シリーズに何を書こうかと考えはじめます
ですが、なかなか纏まってきません

ゆるくなった寒波がジリッと戻って牡丹雪を舞わせる朝がありました
そんな日は昔の辛かった朝を思い出したりしました

昨日までの纏まらないモヤモヤを置いてふっと立ち止まってみると
7日はムスメの結婚記念日だと気がつきました

結婚をして子どもができてその子が三月五日でマル一歳になります

数日前にわが家に来たときにはつかまり立ちの手を離してゆらゆらと数秒立っていましたから
今度来るときには一歩が踏み出せるかもしれません

昔ならば一歳までに歩き始めた子にはお餅を背負わせたのだと母が歩きそうにな
る姿を見るたびに呟いています

一歩を踏み出すことは目を細めて子どもを見守る大勢の大人たちにとって格別の思いなのです

紆余曲折から低空飛行の人生を送っています
人生に追い求める哲学って何なのだろうと考えることもしばしばあります
けれども近ごろは「これでいいのだ」と思うことが多くなってきました