恩田陸 蜂蜜と遠雷

(ともだちに書いたメールでは)

読み終わったけど 確かに良かったけど
みんな大絶賛してるのが 共感できずに 少し沈んでいます

感想を纏めながら今日1日を過ごすかな

確かに直木賞だけど
恩田魔術にハマってないかな みんな
今はこういうのが 作品として輝いているのかな

モヤモヤな読後
考え込んで 布団の中
言い訳

恩田陸さんは合わなかった
というわけでもないと思っているんですが
高級で豪華なホテルのコース料理を食べに行ったけど
完璧満足というわけではなく
あれが美味しかったという印象もなく
もう一度食べたいというのもなかったままやなあ
というような感じかな

同じアヤさんという人が登場する
赤目四十八瀧心中未遂 (車谷長吉)
のことをずっと思い浮かべていて
あの作品は直木賞の中の最高の傑作と思っていますので
余計に物足りなかったのかもしれません

恩田さんのこの作品は
感動的なところもたくさんあったし
ドラマチックな流れもあったし
作者の腕を見せているところもたくさんあったけど
美味しい料理じゃなかった・・・みたいな

恩田陸 蜂蜜と遠雷
恩田陸 蜂蜜と遠雷

(さらに続きを)

恩田陸を考え続けていて
Y先生にもメールで感想を伝えて
返事で

「蜜蜂と遠雷」、合いませんでしたか…あせあせ(飛び散る汗)
あんなに分厚い本を読んでもらったのにねぇ

と慰めてくださったんですが
私はモヤモヤとしていて
あんな感想【BOOKs 】を書いているのです

けど

心を切り替えて
宮本輝の満月の道( 流転の海 第七部)を
鞄から取り出してふたたび続きを読み始めると

恩田陸のモダンなタッチと違う
宮本輝のしなやかさのようなものに
再会するのです

宮本輝を読んで今までには一度も思ったことはなかったのに
谷崎潤一郎をふっと思い出すような宮本輝の物語の作風であったりして

ここに戻ってきてみると

私がモヤモヤしていたのは
恩田陸のこの作品の良し悪しではなく
味わいの違いに旨味を感じられなかった
としか考えられない

広告