端午の節句に考える 立夏篇 (裏窓から )

三月のエクボを緩ます春の風

という つぶやき のメモに残し
どこにも人目につくところに
それを置いてこなかったことに
深い理由はなかったとは思うが

のちに 三月が暮れるときに

言い出しかねて
名曲がふぅーっと浮かぶ
今日が最後の登庁の日

と書き残しているところを振り返ると

自らの人生が「順風満帆」とは
決して言えなかった過去を
自戒を込めながらも許しているのである

もう いいじゃないか 許してやろう

そう言ってみたい夢のような自分の姿がある

死んでもわかってもらえんやろ
見渡せば八割以上があかんやろ

輝く人生の時
幸せだったとき
幸之助の言葉と人間
幸之助の遺したもの
会社が放ったパワハラ

そんな言葉のひとつひとつは
私にとって
安易には棄てられないものだったのだ

🌱

ラジオ番組から流れる『自由』をテーマにした街頭インタビューで
世の中の多くは『自由』を求めて生きているのがわかる

何者かによって束縛を受け
不自由であることに不満を抱き
やがて自由になって何かを実現することを夢見て
頑張っている人が多い

では いったい『自由』とは何であろうか
そういうことを考えてみる

🌱

はて私は
いったい何を求めているのか

わたしは「自由」だろうか
ここでいう「自由」とは何であるのか
そんな自問が生まれてきたのだった

(つづく)


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中