はや夏がすぎようとして手さぐりで  立秋篇 (裏窓から)

結論から書かねば成らない

🌱

そんなメモが見つかった

🌱

  1. まずまずの人生であったと思って満足している
    周りは不満だと思っているだろうが
    人間なんてのは勝手なものだから仕方ない
    許してやってくれ
  2. 金は稼げなかった
    そのことは自分の打って出た勝負が失敗だったことを意味する
    貧乏を共有させたり金に世話になった人が多かったことで
    今更何も弁解はできない
  3. 身分相応の人生だったのではないか
    見栄を張ったわけでもなく
    必要以上に立派を装ったわけでもなく
    将又見下されて生きたわけでもなかろう
  4. 楽しく生きたという点でよしする
    金がなかったことは前に書いたが
    貧乏であったことが不幸ではなかった
    大金を使って生きる人生もあっても良いだろうが
    そちらを残念ながらその道を選択できなかったというだけで
    幾らかの無念や寂しさも残るものの
    こちらも堂々とした人生だったと思う
  5. 他人と比べるものでもなかろう
    自分の裁量程度で生き通せたのではないか
    器以上の仕事を請け負うても苦心するだけだったに違いない
    怠け者な側面も持っているのだから表裏なく生きて来たと思う

🌱

書き始めてほったらかしにしたのだろう

真面目に書くと長くなる
長くなると読まれなくなる
読んでもらえないと伝わらない

しかし
短いと誤解を招く
または不十分であったりする

本当のことはどうやって受継げばいいのだろう

8月6日 巨峰と水割り
8月6日 巨峰と水割り

8月も25日になり末を迎えているが
日付は立秋(7日)とします

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中