十月の満月 - 霜降篇 (裏窓から)

霜降篇

20日に熊野古道を歩きに出かけて
ご機嫌で家に帰って
いつものようにお酒を飲んで
その後に居間で横になって
うたた寝をする

飲んで食べて
うたた寝をして
風呂に入ってねる
という日常の繰り返しです

仕事はそれほど複雑ではなく
高度な知識や技術を求められているものでもないとは思うものの
もうこの歳なって
正規の職員と同じような成果を望まれているとしたら
光栄ではあるものの幾分重荷ではある

脳梗塞の症状は
そんなのんべんだらりとした日常の真っ最中に起こったのだった

20日の夜のこと

うたた寝から目がさめると
手が痺れていて風呂から上がっても心地が良くない

布団に寝転んで
スマホ(iPod touch)を仰向けになったまま
左手で操作しようとするけれども
手が痺れている

まるで
足が痺れて動かなくなり
突いても痛くなく
立とうとしても力が入らない状態になったときの様子に似ている

来たか 冷静にそう思った

(終)

霜降

十月のある日に
届いた手紙は
雨に濡れてインクが滲んでいた

返事を書こうと思うものの
意気込みすぎてなかなか書き出せない

メールは出しても読んでもくれない憎いやつ

ぼくも滲むインクで返事を書けたら

と ふと思う

意地っ張り

泣きっ面

🌱

ごめんねと言い出せなくて俯いて

🌱

満月の静かな夜のひとりごと

満月や思い出すのは君ばかり

🌱

25日は満月でした
今更眺めに庭に出ることもなく
しかし
夕刻の頃にどこかで真正面に向かい合ったが
さらりとかわして行き過ぎた

月を見あげるのが辛いというわけではないが

心が飢えていないいないと
人間は枯れてゆくのだと思う

星を見ても月を見ても
思い出すことはいろいろあるわ

暮れゆく秋に
今更何を
言えというのか

広告

サドン・デス(sudden death) 寒露篇 裏窓から

秋分から神無月を迎える時期に色々と思っている

其の一つに

🌱 サドン・デス(sudden death)

これはジョーダンで語れるものではない時期に差し掛かってきた

祖父も父も六十五歳と六十六歳でこの世を去った

叔父もまだまだこれからというときに病で倒れて再起を図る前に逝ってしまう

顔がそっくりなように性格もよく似ていた

似ていることに薄々は気づいて大人になってゆくのだが
父が死んでからそのそっくりなことを確信する

たった十八年間しか同じ屋根の下では暮らさなかったのだし
とりわけ突っ込んだ対話をしたわけでもない

いわゆる親子で飲むことを愉しんだことも数えるほどだった

だが確実に似ていることを確信する

何故に似なくてはならないのか
同じ血脈であるのだからだ

だから身体の弱さもよてもよく似ている

ヒトは万能のように見える科学が支配する時代になっても
天地人のさらに向こうにいる神が与えた滾るものを簡単には変えることなどできない

やがて確実に来る サドン・デス(sudden death)

待ち遠しいようで
怖いもの見たさで待ちわびるようであるものの決して歓迎はできない

負けないようにしておくつもりでいるが
勝てないだろうと思う、血脈には


💦滾る漲る迸る を考える

ぶるっと一回ふるえて冬を思い出す


寒露篇

サドン・デス(sudden death)という言葉は

じわりじわりと迫って来る
けれどもそれほどの恐怖感はない

恐れているわけではない
しかし 覚悟ができているわけでもない

🌹

礼を欠いたままの恩人がたくさんある
私の人生の舵を切ってくれた人もある

音信の途絶えた人もあれば
先に逝ってしまった人もいる

🌱

10月8日は寒露でした
少しずつ夏の暑さを忘れ去っていきます

冬の寒さが忍び寄る
ぶるっと一回ふるえて冬を思い出す


💦 滾る漲る迸る を考える篇