わたしのこと

わたしのことを少し書く

と思ったけど サボって コピペ にする。


蒼茫たる原野をただ走ってみたい
目を閉じれば旅の途中の峠の様子が思い浮かぶ
大地に耳をつけて地球の鼓動を聞ける
砂浜に行くと必ず駆けてしまう
アツクなって語ってしまう
感動すると眠れない夜を過ごす
やたらと涙腺が弱い
独創性こそが最大の能力だと思い
詩人になりたいと考えたこともあり
ベートーベンとジャズが共存する
ひとり静かに飲む夜もあり
男の狂気にロマンを感じる
人間の力を信じていたい
歴史に名前を残したい


夢を追い幸せを食べる虫

未知なるものに好奇心を向けて、様々な方法によってこの欲求を満たそうとしてきた。そんな気持ちを殆どの人は、もともと持っているのではないだろうか。
山の向こうには何があるのかと、日没になると母親に尋ねた子どもの頃の方が、今よりも遥かに学者だった。
子ども心を棄てきれずに「夢を追い幸せを食べる虫」(自称)である私は、前にある未知なるものを見つめられるよくきく眼と、それを輝かせるに足るだけの涙を、今年もまた追いつづけることになるだろう。
〔1983年新年決意文から(ママ)〕

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中