遺す言葉(もくじ)

▶ 遺す言葉【- Walk Don’t Run -】


遺す言葉 - 1

  • はじめに (平成22年12月1日)
  • ちかごろ(平成22年12月4日)
  • 呟くということ(平成22年12月4日)
  • 悔しいなりの苦肉作(平成22年12月4日)

遺す言葉 - 2

  • 遺言というもの
  • 言葉として遺せるものは何もない
  • 考える前に閃く
  • 猫が玄関を閉めないので解決する
  • まずやってみる
  • 面倒くさい
  • 晩年は絵を描いていた
  • 絵を始めるときに

(平成23年6月30日)


遺す言葉 - 3

(平成23年12月)


遺す言葉 - 4

(平成24年1月)


遺す言葉 - 5

むかしの回想を少し引いてみよう。 ─ 平成24年1月某日


遺す言葉 - 6

少しずつ。 ─ 平成24年1月から4月から5月ころの記事から


遺す言葉 - 7

なかなか、起死回生 果たせず ─ 平成24年初夏から


遺す言葉 - 8

受け継がねばならぬもの ─ 平成24年秋から


遺す言葉 - 9

思い出すもの ─ 静かに振り返ってみる


遺す言葉 - 10

夢のこと ─ 冬に思い出していること


遺す言葉 - 11

夢のこと、続く ─ 年の瀬に考える(平成24年)


遺す言葉 - 12

好きなもの ─ 平成25年1月に考える


遺す言葉 - 13

生きるということ ─ 平成25年春から


遺す言葉 - 14

伝えるということ ─ 平成25年夏から


遺す言葉 - 15

向き合うということ ─ 平成25年秋へと


遺す言葉 - 16

一子相伝─ 平成25年秋から冬へと


遺す言葉 - 17

いつかは父と、叶わぬもの ─ 平成25年秋から冬へ(続)


遺す言葉 - 18

平成25年の終わり


遺す言葉 - 19

平成26年のはじまり


遺す言葉 - 20

伝記


遺す言葉 - 21

春に思う


遺す言葉 - 22

話をきく


遺す言葉 - 23


遺す言葉 - 24

夏から秋へ


遺す言葉 - 25

平成26年の暮れる頃


遺す言葉 - 26

平成27年


遺す言葉 - 27

平成27年の春のころ


遺す言葉 - 28

平成27年の夏


遺す言葉 - 29

平成27年の晩夏から秋へ


遺す言葉 - 30

平成27年の暮れに考える


このあとは平成28年版になりますので
わはく(秘)伝 にて書こうと思います。

まだまだ不定期に続きます。