遺す言葉 その2 を読み解く

【自解】
その2を読み返してみる。
大筋は以下である。


遺す言葉 - 2

  • 遺言というもの
  • 言葉として遺せるものは何もない
  • 考える前に閃く
  • 猫が玄関を閉めないので解決する
  • まずやってみる
  • 面倒くさい
  • 晩年は絵を描いていた
  • 絵を始めるときに

(平成23年6月30日)


■遺言というもの

自分でも読むのが面倒なのだから他人は読まないだろう
なかなか書き進まないのは、ゆっくりと考えることが難しいのだろう
誰かが読むのか
読まれぬ間に捨てるのか
果たして如何なる運命にあるんか

■言葉として遺せるものは何もない

父は「人の振り見て我が振りなおせ」という言葉を口癖にした
それは、親がこめた子どもへの伝言であったのだ
遺せないわたしは早くも敗北宣言かもしれない

■考える前に閃く

理屈も言うことがあった
だが、芸術的には私には理解できない感性を持っている人だった
絵を描く、 木を彫る、木を組み上げる、
物を作る、無から工夫して創り上げる
自然行動的欲求を解決する行動を天性として持ち合わせていた

■猫が玄関を閉めないので解決する

昭和30年代
ウチの猫が玄関を閉めないので自動的に閉まるように玄関の引戸を改造する
玄関前人が来るとブザーがなる仕組みも実用化
実行家だった

■まずやってみる

「何が問題か解析も大事だがまず現物を見つめなさい」
そういう注意を受けた

■面倒くさい

そんな言葉はこの世の中にはない。これは口癖だった。
次の一手には必ず理屈があるのだということも言った

■晩年は絵を描いていた

(晩年)水彩画を始めのちに油絵に
作品は九割以上が駄作で付き合いのあった人の家に散らばっている
それらを回収してどこかに飾る部屋を作りたいとも思う

■絵を始めるときに、あれこれを考えることはしなかった。
小遣いもないのに高額な画材を買ったり、人目を気にせずに写生を始めたりした。
私にはそんなストレートさも素直さもない

2011年6月30日 (木曜日) 【- Walk Don’t Run -】


大雑把に読み返して、読み解いて、贅肉を取り去ってみた。

こんな父のようになれなかったのは自分に素直さが欠けていたからだ。
あの人は素直な人じゃなかったが、純粋な人だった。

悠々自適であったかどうかは本人に確かめるしかない。
言葉を何も残さずに逝ってしまった。
きっと、わたしもそう終わりたいと思っているのだ。

もっと生きさせてやりたかった。

遺す言葉 - 29 をまとめる

遺す言葉 - 29
をブログからピックアップしている

目次ページを作成するのは「その29」が初めての試みで
これまでには このようなページを思いついていないので存在しません

構想はあとから湧いて出るものだろうから
遡って目次を作ることはせず
その1からその28までを読む人があったならば
お手数ですが ブログを辿っていただくことでおねがいしたい

こんな記事を
本当に必要とする人が
この世にいるのかどうか
不明なままである

❏ 「遺す言葉 - 29


2015年8月10日 (月曜日)
宮本監督(津商) ─ 頼まれごとは試されごと
【雷山無言・語録選】


2015年8月11日 (火曜日)
立秋と書き出す手紙蔓の花 ─ 立秋篇
【裏窓から】


2015年8月20日 (木曜日)
心は巧みなる画師の如し ─ 水のかたち(宮本輝)から
【雷山無言・語録選】


2015年8月23日 (日曜日)
稲刈り ─ 処暑篇
【裏窓から】


2015年9月 5日 (土曜日)
北海道 ─ 花も嵐もⅢ その84


2015年9月12日 (土曜日)
秋風に吹かれて鉄棒にぶら下がる ─ 白露篇


2015年9月17日 (木曜日)
舌まがりアナタを好きと言いそびれ
【余録】ねこさん通信


2015年10月 2日 (金曜日)
むかしの話 ─ 花も嵐もⅢ その85
【花も嵐もIII】終楽章


2015年10月31日 (土曜日)
等伯と永徳 ─ 霜降篇
【裏窓から】


遺す 秘伝 1

遺す言葉 1 を読み返す


「遺す言葉」の第1回 「はじめに」で

■はじめに

私には偉大なものは何もない。歴史に残る様な足跡も築けなかったし、実績もない。誇れるものもない。お手本になる様な行いもしなかった。詰まりは何もないのだ。こういう生き方を平凡というのだろう。

では、論理を逆からなぞって、私は平凡な人生を送ったのか。そう問うてみれば、世の中の多くの人たちの人生が見える様な気がし、ヒトというものの生き様が、客観的に見えてくる様な気がするだろう。 そこには、誰一人として同じ足跡を辿りあう人はなく、意識があってかなくてか別として、その人らしさを足跡とする。またそこには、立派も恥じらいもない。

自慢することもなく、後悔もない。 生きて来た結果だけが美としてあると思う。私はそんな美学のなかで心に留めたことを幾らかでも書き残したいと思う。 少しずつ、書き足していきます。(平成22年12月1日)

と書き出している。
心に留めておきたいことがいくつかあるので凡人であるが書いておくことにする。わたしにはわたしの生き方があったのでそちらの視点から書く
そんなつもりであったのだろう。(平成22年師走のころは)

■ちかごろ

どうも余命が気に懸かって仕方がない。
(略)
まっとうに生きていた日々不遜に生きた日々ぐうたらであった日々も掘り起こして、今一度追い続けていた夢の答えを考え直してみたい。(平成22年12月4日)

誰でもこの歳になると思うのであろうな。(回想)

■呟くということ
(略)
悩んで書いている様子が残っている。精神的に苛立っているときは荒々しい筆跡となるし、急いで書いても気持ちが表れる。 思考が三歩進んで二歩戻ったときに、ペンであれば矢印で挿入をしたり括弧で反転させたりすることも珍しくなくて面白い。
(略)
実は日記の面白味というのは文章があちらこちらに散らばっている点にあり、書かれている内容が意味不明とならない限りは、思考の過程や足跡が分散して絡みあっているからこそ興味深いものなのだ。 せいぜい、私くらいの人間であれば記録に残したいことなどたかが知れており、先人が残してくれた言葉にすでに集積されていると言っても過言ではなく、むしろ言いたいことを十七音程度の簡素な言葉にして書く方がその人らしさが出て面白いしスッキリするはずだ。

あちらこちらに書きなぐったものをバッサリと捨てきれない性格なんだと言っているようなものです。
そしてだらだら書いても読まれないから十七音でとなる。でも意味不明になることも多いはず。

遺したいのはこんなありふれたつぶやきであり、すでに確立している格言や評論や小言ではないことは明確だ。つまり、つぶやきとは気持ちの片隅にふわりと浮かんだ感想であるとか、それが泡となって消えていってしまっても何も損をしないし誰も咎めたりしないもの、そして書き留めたところで何も得もしないものである。余韻のようなものを与えてほしいのかもしれない。(平成22年12月4日)

思いついたことを分散的に書き遺そうという思い付きは良かったものの、多くなりすぎて訳がわからなくなって来るのも現実で、作家でもないのだから究極は詰まらない日記になる。

これを書きだした時はそれを逆引きする方法などは考えてもおらない。

■悔しいなりの苦肉作

いつのころからか自分の死というものを意識するようになった。親戚の葬式に順番に顔を出したり、卒業してから会わなくなっている友人の突然死の知らせを受けたり、多かれ少なかれ死というものと向かい始めている。

老衰なら救えるが、成人病、高血圧、糖尿病、心臓病、脳こうそく、癌、交通事故、自殺など、原因はさまざまな人を見てきた。そこで、見送る方としてはやり切れないものが圧倒的に多い。明日は自分も衝動的に首を吊ることがあるかもしれない、と真剣に考えることがある。

目の当たりにする死を見ながら無力な過去と自分の未来を考えたのだろう。

私は人一倍怠け者で、わがまま気ままで、好き勝手に生きてきたし、反社会的なときがあったかもしれない。情熱的に仕事に打ち込んだこともあったが、持ち前の飽き性であることが祟って数年で投げ出してしまい気持ちが継続できないことが多かった。45歳という年齢で大企業を放棄してしまったお馬鹿な奴だから、身近なところからは厳しく非難も受けている。 世間のみなさまよりも15年も早く定年状態に入ってしまって、死んでしまう日々のことを元気なうちから考える暇ができてしまった。それはある意味ではチャンスといえるのかもしれないが、本来なら人間が死ぬ間際になってから、余命の合間に体で感じて考えるべきことであるのに、50歳という年齢であれこれ考え始めるものだから、元気すぎて弊害も多いし、考えにキレを欠くこともある。やはり切羽詰まって考えるのが正しい姿だと思う。

少し早いが、生きてなければ書けないのだからと考えたのだろう。
死んでしまったら、あの人は何を思っていたのだろうか、と想像をされるだけで終わる。
長生きしたら儲けもの(おまけ)と思うのもこのころから。

そういいながらもせっかく得られたチャンスとして死を考えるわけであるからある意味では幸運である。確かに生きる意欲を失くしかけている面もあるし、立身出世欲など皆無になっている点を考えればマイナスが遥に多い。 そういって自分を戒めて足掻いてみたところて波が立つだけで、今の私に飛び立つ力はない。有名人ならばその遺言が文学にでもなるところだろうが、私にはそんなものもない。やっぱし悔しいけど、悔しいなりの「遺す言葉」なのだろう。(平成22年12月4日)

名文など遺せないと思いながら、暇であったことが幸いして、この後に続く長いシリーズを書きはじめた。

適当に思いつくままに書く。まあ、何か書き遺せば、もしかしたら誰かが読んでくれるかもしれない。
そんなふうに始まった遺す言葉です。