新年 雑考 そのII ─ 元日篇 (裏窓から)

そんなことをあれこれ考えて
正月を普段通りに過ごしている


平成最後の元旦に考える

人生は第四コーナーから……などと定年のころに自分を回顧しながら言ってみた
あれからまだ一年も経たないが、自分の大したことのなかったこれまでに(人生に)
一区切りをつけて残り少ない人生を悠々と歩み始めていたかどうか

静かに考えてみるとやはり長い年月の突進する勢いからスピンアウトしきれていないのではないかと思う

人生を振り返りながら「第1コーナー」とか「第4コーナー」などと書いて見たのだが
別の書き方であれば始まりを<序>として次から順に<起><承><転><結>の章ともいってよかろう

では
ちゃんと「起・承・転・結」な時代を踏み固めながら人生を送ってきたのか

🍀

昭和から平成に変わってゆくころ
わたしは「承」の章から「転」の章へと駆けていた
子どもが生まれて家族は一つの目標へと必死で向かっている時期だった
迷うこともなく、日々の暮らしは幸せに満ちていてそれをエネルギーにして突き進もうとしている
むかしに夢に描いたように仕事と向き合い豊かさを力にして幸せを追いかけている姿があった

だがそんなふうに生きる中で私は自分が飛べない鳥であることを認めなくてはならないことも気付き始めていた
本来ならば助走を終えて天高く飛び立つところだ
しかし、磨き抜かれた才能を纏いつつ勇敢に飛んでゆく鳥たちの集団にまみれて私はそれほど飛べる才能を持っていない

つまり、身の回りでは大きく出世をしたり成功をする先輩や同僚の声が騒々しかったのだが
自分も飛び立とうと思い切ってみたところで、それは魔法の掛け声のようなものだったのだ

🍀

1から2へと、2から3へと、そして3から4へと跳ぶ「転の章」では自分も飛び立とうと思い切ってみてもそれは魔法の掛け声のようなものだったのだ

力不足だったのだ
もともと才能もないのに錯覚のようにいい気になっていたのだから救えない

上司の一人だった人の「一度地獄へ落ちてみるといいわ」という言葉が頭の中で響いた

🍀

わたしはここまで生きてきました
と歌うフォークソングが頭の中でリフレインをした
どん底の暮らしも見た
そんな世界も経験した

どう変えたところで一朝一夕で別人になれるものでもなかろう
善人にもなれないし
世の中のお役に立てるような奇特な者にもなれまい

意地を張らず
見栄を張らず
迷惑もかけず
愚言を慎んで

いきてゆこう

広告

今年も「裏窓から」をよろしく ─ 元日篇

暮れてゆく大晦日に考えていたこと


30日

人生というドラマにスポットライトなどなかった

(わたしの)
人生というドラマに
スポットライトなど
なかった
いや
スポットライトなど
不要だったというのが
正しいのだろう
静かに暮れ行く
平成最後の師走に
静かにあらゆることを
振り返ろう

🍃

波乱万丈ではなかった
とりわけ幸せでもなかった
自分の思い通りに生きてきたのだが
悔しい思いもしたこともあった
でもそんな気持ちも時間とともに諦めに蝕まれ
激しく憎んでも許されるほどの裏切りに
何度も遭遇しながらも
その憤怒さえも投げやるところもなく
心の奥で磨り潰すように失って行ったのであった

🍃

もういまさらそんなことで心を乱すよりも
真っ当で綺麗な気持ちで
これからの希望を見つめながら
人生を締め括っていきたいと思う
終幕を引く時間がどれほどの月日となるのか
予測などできないけれど
暇がかかればアンコールのチャンスが来たと思えばいいし
間に合わなければ泣いて済ませるしかない


31日

平成最後の大晦日に考える

きのうから
いや
今年の暮れあたりから
生き方について考えることが増えている

🌱

世の中には いろんな生き方があって
ドラマのような生き方の人もあれば
教科書のような生き方もある
自分が幸せを目指したのであれば
その描いた姿と生きて来た姿を照らし合わせて
幸せの満足度を決めるのかもしれない
そこに豊かさなども覆いかぶさって
複雑になってくる足跡の回顧を
記憶という極めて人間的であるヒトの特徴がフィルタリングすることで
その演算曲線を指数関数的に重みつけてしまう
つまり
今幸せであれば
過去は許してしまうこともありうる
というような心理があるのではないでしょうか

🌱

いま
幸せですか
それを問われたときに
どこまで自信を持って
勢いよくハイと言えるか

 

元旦

元日に考える

(考え中:あとで)

平成最後の師走を迎えている ─ 冬至篇 (裏窓から)

足跡(犬) 平成三十年師走

平成最後の師走を迎えている

その時刻を刻む時計が近ごろになってコツコツと音を立て始めたようにも思えそんな魔術のようなことはないのだからとひとりごちて暦を見る

社会がお決まりのように騒ぎ立てている
はたしてそんなに大勢がこのささやかな時刻の一瞬を凝視しようとしているのだろうか

あっと言う間にまさに表裏が入れ替わるように
そして何事もなかったかのように年は暮れてしまう

まるで戸板返しのように私は別人になって
新しい年を迎えるだろうか

メディアがチヤホヤするのとは裏腹に
静かに確実に数に限りがある人生の終盤の正月をいかに過ごそうかとお考えの方々も多かろう

新しい年を迎えて
新しいステージに装いを改めて

幕が降りて再び上がった歓びを
しっかりと平成最後のこのひとときに刻んでおこうと
熱く拳を握りしめている人もあるだろう

これまでに数々の失意に遭いどん底に引き摺り下ろされながらも
こうして生きてきた自分の足跡を振り返ると

あれほどまでに憎しみや恨みをこらえて
許しがたい憎悪を噛み殺さねばならなかった一つの時代のことを
もはや諦めでもなく寛容でもない心で忘れようとしている自分がいて

足跡とはいとも儚くあるのだと振り返る
しかしながら
その消えてしまいそうな楔に手と足を掛けて
第四幕まで辿り着いた

第三幕は弁当幕だったのだ

芽

昭和が役目を終えて平成に変わるころに
子どもが生まれて
自分は子どもに育ててもらってきたのだと思うことも多い
平成を振り返ると必ずそう思う

幸運なことなのかもしれないとありがたみを感じながら
この平成の中に第二幕と第三幕を立て続けにおけたことが
私のこの上ない幸運であり幸せであったのかもしれない

足跡(犬) 断捨離

十二月のある日
仕事帰りのNHKラジオで
断捨離をテーマにバラエティーが進行していた

棄てること

大学の一般教養である先生が「棄てる」とは紙くずを丸めてゴミ箱に入れるようなことをいうのだ・・・みたいな話をされて

それ以来、その本論外の言葉が私の人生のサイドをずっと並走している
丹羽先生の揮毫にあった「失意泰然」という六然からの言葉とともに私の座右にあり続けたのだ

その棄てるという言葉をいとも簡単に断捨離のなかに紛れ込ませているところが現代の軽々しさでありある意味では知性であり聡明さでもあろう

棄ててはいけない
と私は考える

あらゆるものは棄ててはいけない
(わが家の蔵から出てきた昭和初期のころの古文書も棄てられずに県立博物館に寄贈したし)

では、いつ棄てるのか
消えるまで待てばいい

足跡(犬) おかあちゃん

母のことをおかあちゃんと呼んだ子どものころを回想している投書を読んでいた
そうやなあ 子どものころはおかあちゃ おとうちゃんと呼んだものだ

いつの時代からおかあさんと呼ぶようになったのか

🌱

そういえば
うちのまごっち
「ねえママはどの人?」
とあるお店で聞かれて
ママ は使わない言葉なので
まんま??~
と困っていたので
「お母さんはこの人やな」
とフォローされてました

私のことはちゃんと
じいちゃん
と呼んでくれます

一年を振り返るゆとりがあるか ─ 大雪篇 (裏窓から)

秋の色が次第に枯れて
風に引きちぎられて
消えてゆく

森羅万象
あらゆるものは朽ち果てる運命にあるのだ

しかし
生まれ変わるという使命も同時に負うているのではないか

毎年ながらそんなことを
大雪に始まりの深夜から早朝に考えていた

それは月のはじめに考えたことよりも
数日分だけ進化して
容体を語るように振り返れば
小康状態なのか
少し快方に向かっているなのか
明るい兆しが見えてこない

ソフトバンクのネットワークで障害が発生したニュースが駆け抜けた

使用者ではなく無関係なところにいるので
無責任を言っていると思われるかもしれないが
そもそも、な話ではないか

ヒトは便利を当たり前と思いすぎているのではないか
支障や障害がひとたび発生し
自分の身に不都合が降りかかったら
親の仇のように不手際を攻め立てる

ちゃんちゃらおかしい

そんなものに甘えて
そこがしっかりした地盤だと思って暮らしている

あるいは生きていることが甘えではないのか
大災害が起こってモノの大切さ・有り難みがわかった

そのときに
もっと真剣に自分というもの原点を見つめ
畏怖の念を失ってはいけないのだ

第35回ユーキャン新語・流行語大賞
発表されて

  • そだねー(年間大賞) 
  • eスポーツ
  • (大迫)半端ないって 
  • おっさんずラブ 
  • ご飯論法
  • 災害級の暑さ
  • スーパーボランティア
  • 奈良判定
  • ボーっと生きてんじゃねーよ!
  • #MeToo

ぼくには
まったく無縁の一年間だった

流行語大賞

月のはじめに考える ─ 失意泰然 

座右の銘について考える機会があった

失意泰然

母校の図書館に学長であった丹羽保次郎先生の筆で「失意泰然」書いてあったのが座右の銘だ

この言葉に初めて出会ったときは何気なし読み過ごしたのだが、
その後、三年生への進級時に原級留置になり、
失意に満ちてくよくよしながら、ふと立ち寄った図書館で再会した

まさにそのときは、落第で自暴自棄になっていて、
誰も自分を助けてはくれない試練の道から脱出しなくてはいけない時期だった

落第したことで同級生は人の二倍になったし、貴重な人生を経験できた
迷わずに歩み切ろうと自らを叱咤できたのは先生の揮毫のおかげだとを感謝している

苦難にあっても信念を持って生きよという教えだったのだろう

丹羽先生は同郷の出身者で、これを誇りに勇気をもらって背筋を伸ばして生きることができた

明末の儒者・崔後渠の六然からのこの四文字は、人生で一番苦しかったときに、私を導いてくれた
そのことを思うとまさに座右の銘であり、掛け替えのない言葉である

布団こうて暮れる霜月ふる里へ ─ 小雪篇 (裏窓から)

布団こうて暮れる霜月ふる里へ

小雪が十一月二十二日
着々と日は過ぎて
今年も残すところ一月である

🍀

霜月が暮れてゆく
その或る日にふる里の母を訪ねてゆく

メモには
🖌 ふる里に凩吹いて暴れとる
🖌 故郷の陽だまりに一人母がいる
🖌 木枯らしや麓の村が凍えとる
などと書きとめていたので
少し風が肌寒かったのかもしれない

🍀

これまでに
いくたびも
暮れてゆく十一月を
送って来たわけであり
今月の暮れも
然程特別なものでもなかろう

ただ
父が二十年前に
ストンと息を引き取ったように
やがては必ず母にもその時がやってくる

覚悟というものは
できているようで実は脆いものだと
わかっていながら
また今年も暮れを迎えよとしている

🍀

そのときどきで
揺れ動いたり乱れたりするような師走を迎えて来た

今年も例外ではなかろう

それほど多くは残されていない時間と
誰も知ることのできない残された時間の果てを
探ろうとしながら

突き放してしまいたい衝動と
抱きかかえたい弱さのようなものが
一枚の暦をめくると
潜んでいる

🍀

十二月という月は
そんな節目であり
格別なひとときでもある

勝負には勝てないツキを持ちながら
もう少しだけ
人生に勝負を賭けているのかもしれない

立冬のころに考えていたこと ─ 立冬篇 (裏窓から)

立冬が過ぎる頃から次第に
気持ちに決心がついてきて
もう今の仕事は年度末で終わろう
と思い始めた

急に新しいことを探そうかと考えるなんて
想像もつかないことだったし
そもそも 今さら 新しいことに挑むのもどうなのか
という疑問も多い

ツマは言い訳ではないかと手厳しく
いつものように怒りを私に向けて
もう少し働いてもらわねば困ると言うのだ

言い分はとてもよくわかる
しかし 私だって
生死をそろそろ自分で決めることが許されてもよい「としごろ」ではないのか

そう思うと 還暦を超えても 尚
自分の意思の割合より他人様の意思の割合の方が多めになっているような職場環境で
オロオロと頭を下げて 仕えていることもなかろうに

そう思えてきたわけである

このままでは終われない
そんな気持ちが枯れ果てていた心の中から湧き上がってくる

復活したいのかもしれない

 


ひの菜 と ぶり大根 を 食う