人生を生き抜く - 啓蟄篇 【裏窓から】 

平成29年3月3日の朝日新聞コラム(おやじのせなか)で小島慶子さんが

—>
片働きになって痛感したのは、女性は仕事を辞めても責められないけど、多くの男性は「死ぬまで働け」というプレッシャーを背負い続けているんだ、ということ。男性だってもっと色々な生き方があっていいはずなのに、「しんどい」なんて言おうものなら負け犬扱いされる。その上、家で「粗大ゴミ」とか言われたら、心が折れるよな、と。
<—

と書いているのです
このインタビューには前後があるので
この一文だけではわかりにくいですけど
お父さんの偉大さと苦労が後になってわかってきた
というようなお話です

🍀

私は
小島さんのお父さんのように一生働き続けませんでした

50歳前に仕事を放り出して
定職のない私がいる家庭でありながら
ムスメは私学の中学高校大学を出しました

450万の日本育英会の借金ができまして
就職したムスメにさらにそれも委ねました

10年以上早く仕事を辞めてしまいましたので
年金も最低レベルしかもらえないことがわかっています

一流大企業を退職して年収は4分の1ほどになっても
しかしながら
お金がないこと以外は充実した毎日を
精神的に大きなストレスもなく送れたことは
幸せであったと思っています

世の中にこんな生き方が存在したのだと
人生の終盤になって気づいたのでした

仕事のない恥ずかしさや
社会的地位や名誉がない情けなさよりも
それまで企業というところで
そんなことも知らずに
無知に働き続けていた自分が
むしろとても恥ずかしかった

平均年令よりも10年以上早く死んでしまった
父親の年令に近づこうとしています

父は定年になってから数年間に
どれほど充実した人生を過ごし
どれほどまで満足をして
人生を終わることができたのか

生前の言葉や遺作などを集めて
それを調べたり考え始めてみると
「人生を生き抜く」という
哲学めいたことを考えてしまいます

私は
仕事を勝手に10年あまり早くやめて
いつ何時に死んでもいいような人生を
貧しく(ある意味では)幸せに送りました

あと数年で父の享年になります
その年齢になったら私の新しい人生が
無一文で始まるのです

社会人になった時の同期と比べても
年金は4分の1に満たないでしょう

でももうそんな欲はありません
老後は前借りして過ごしたようなもんです

ですからこれからの私の人生は
いつ死んでもいいような
明るく軽く愉しい人生であって欲しい

だから健康に生きることが必須なんです

🍀

(こんな一筆を知り合いに吐き出しながら)

一瞬でも私がこんなことを考えていたのなら
それを後になって訂正してもあるいは願いが叶っても
書き残しておきたいと思っています

子どもが社会人になる頃から頻繁に思うことは
「人生は恩返しをすることで終わっていきたい」
ということです
そして
その心を引き継いで遺していかねばならない
それはヒトの使命であって
故に結婚もしなくてはならないし
子どももできなくてはならない

私自身も家族も子どもも
みなさん社会の中の様々な繋がりの中にいて
助けててもらいながらここまできたのですが
ちょっとそのことに
気づくのが遅すぎたんではないか
言葉だけでわかったつもりになっていたんではないか
ということです

さらに、しかしながら
何一つ恩返しなどできない私が居るんです

だったら(反面教師であっても)
ヒントになる言葉を遺すしかないです

3月5日(土)に生まれる 啓蟄篇【裏窓から】


啓蟄に幸せの文字見つけたよ
にも書いた通り お昼過ぎに病院に駆けつけて
午後は止まったような期間を過ごしたのだった

病院の待合室(談話室)でツマが待ち続けるのを視界の片隅に置きながら、私もカバンにいつも入れてある「孔子」(井上靖)を読んだりして紛らわすものの孔子様の言葉とこのたび子どもが生まれてくることとの関連性などは何一つもなく重くじんとくる子の言葉を読み続けると自分がこれまでに犯してきた数々の失敗をひとつずつ思い出してしまうのだったが、しかも、子の言葉を読み続けるとあらゆる過ちまでもが然るべき戒めを経て再起へと向けられているようにも思えてきて、こんな時期にこの言葉を読むのが辛くなるのであった


ツマが
「もう母親の役目は終わったのやな」
と生まれた直後に呟いていたのを聞いて

さらに、生まれる少し前にその談話室で何度も涙を拭きながら刻々と時間が過ぎ時刻が来るのを待っているのを見続けて

28年前に今母になる子を産んだ時のことを思い出し、40年前に亡くしてしまったたった16年間しか一緒にいなかったツマの母のことなどを考えると

歴史は否応無しに過去を過去としてのカテゴリーに追いやって着々と新しい幕を開けていることを痛感する。

28年前にこの子の母が生まれた。そのときにわたしは仕事をしていた。

30歳という働き盛りでひとつの方向に向かって進んでいたのだ。そんな時代があって、そのころはおおよそが自分の力で突き進み、苦しい時や悲しい時試練の時には大いに悩み、そのすべての悩みも自分で片付けてゆくのだというような自信や確信に満ちていた。

今更、それを過ちだと言うつもりもないが、それはひとつの未熟のカタチであったのだと思う。

人は、あるいは若者はそういう未熟なカタチでなければ成長できないともいえる。未熟であるがゆえに地につかない不安定さがつきまとうだろう。

そこには必ず差しのべる手があり祈りがあった。ひとつも功を奏しないこともあれば命を救うこともある。その見えない力があってこそ未熟が成り立った。


わたしはこの日記に「伝」という字を入れた。伝えねばならないと考えたからだ。

伝えるものは数限りなくあり、形があるものもあれば恩義のように無形のものもある。哲学じみたものもあっても良い。わたしが祖父や父から受け継いだものの中には教義を受けなかったものもあるし言葉にさえならなかったものもあるが、先代に似ている事を指摘されてそれも受け継いた1つなのだと感じ取る。

さて、
この生まれた子どもがどんな名前をいただきどんな夢を抱いて大きくなってゆくのか。

ツマが言うように「役目は終わった」と私も思う。だから、今度は恩返しをするステージなのだと漠然と考えている。そして、実はこの恩返しのステージが人生で一番重要な幕ではないのかとも思い始めている。