積読(つんどく)

大きな流れの波の上を
漂うように彷徨うている
そんなふうに思うことがある

若くて元気なころは時に無謀なこともしてきたけれど
今は考えもしなかったような自分がいて
それがやけにしおらしくて苦笑する

周りから仲間が抜けてゆくときもあったし
息が合わずに逸れてってしまったこともある
どっちが本流だったのか
いつまでも考え込んだものだ
さらには、この世から逝ってしまったものもいる

わたしもそんな波の上を
ときには大きく揺られながら
ここまでやってきた

もう沈んでもいいいやと何度も思い
漂うだけで幸せと泣いたこともあった
ほんと
私は今日まで生きてきました♬
と口ずさんだものです

たくさんの人に手を差し伸べてもらい
命を助けてもらい
沈まないように静かな波間を導いてもらい
ここまでやってきた

これからは
恩返しをする番なのです

若い時とは違った使命が山ほどあって
パワーは昔のようになくて
なんの取り柄もなくて
でも
人生の後半戦は忙しい

一緒に頑張ろう
まだまだ この先も

最近どうよ?

と尋ねられて

井上靖の「孔子」を
もう10年以上鞄に入れて
持ち歩いているけど
やっと読んでて泣けるようになったよ

と答えている


平成28年12月17日中日春秋(中日新聞)から
「積ん読」という言葉は、世界に誇るべき日本語らしい。オックスフォード大学出版局は、「愛書家が知っておくべき十の言葉」の筆頭に、tsundoku(ツンドク)を挙げた
▼買った本を読まないまま、積んでおく。そんな状態をずばりひと言で表す言葉が、英語などにはない。日本の読書文化が生み出した見事な言葉なのだ
▼だが、胸を張ってばかりもいられない。本棚からあふれ、廊下や枕元などで山となった本に、自己嫌悪さえ覚えるのに、その山は確実に成長し続ける。そういう「積ん読病」患者にお薦めなのが、若松英輔さんの近著『言葉の贈り物』だ
▼若松さんのお父さんも大変な愛書家で、晩年に目を悪くして満足に読めなくなっても、買い続けた。どう見ても無駄である。父の「積ん読病」を若松さんが同僚に嘆くと、こう言われたという。「読めない本は、読める本より大事なのかもしれない」
▼<人は、いつか読みたいと願いながら読むことができない本からも影響を受ける>と、若松さんは書く。<私たちは、読めない本との間にも無言の対話を続けている。それは会い、話したいと願う人にも似て、その存在を遠くに感じながら、ふさわしい時機の到来を待っている>
▼いい言葉だなと思い、こういう本はじっくり噛(か)みしめるように読もうと、枕元の本の山の一番上に置く。かくして積ん読の山は、また高くなる。

広告

胸に手をあてる 立春篇 (裏窓から)

▼ 鬼さんも泣きたい夜がたまにある

節分が迫ったころにふっとそんな落書きをして
ほんの言葉の遊びなんだと自分で自分に語りかけて
あるような無いような心当たりを手さぐりしている

世の中の鬼さんのなかには
さぞや寂しがっている鬼も多かろう
と思ったひとときだった。

泣いた赤鬼という童話を
子どものころに読んでもらい
人の(鬼の)優しさや友情、社会の中の正義と悪などを
噛み砕いた言葉ではなく
形にならない波動のようなもので子どもながらに
自分の体内に受け入れたときがあったのだ。

人にはそういう敷居のない心や受け皿がある。

鬼には鬼の事情があったのだろう。
その物語を受け入れる側が熱ければ熱い物語になるし
冷めていればサラリと終わることになるかも知れない。

野球界の名選手だった清原氏が逮捕されて、
ニュースがざわざわとしている。

もっと昔には、
江夏投手だって同じ罪を犯して刑罰を受けている。
シャバに戻ってから
「江夏」の名前がタイトルに入った本が出版され
彼は事件と犯罪のことにも触れている。

社会に大きな影響を及ぼす力を持っていた人であったのだから
そして社会の大勢に背中を押してもらって称えられて生きてきたのだから
彼らはこれからの社会に恩返しをしなくてはならないと思う。

そう自らが再び決意をして行動を起こさなくてはならない使命を持っていると私は思う。

これまでの数々の闘いはさぞかし厳しかったことだろう。
目標に向かう道のりは想像以上に厳しく孤独で淋しいものであったのかと思う。
孤独と向かい合わせになっていたときの誰にも言えぬ感情は計り知れないものがある。
それらのときの勇気であるとか闘志、あのころの真摯な姿勢や心を忘れたわけではあるまい。

人は熱くなったときのことをそう簡単に忘れられるモノではない。

憎しみ然り、喜び然り。
あるときは怒り、哀しむ。
必ずや再起を祈りたい。

恩返しということについてはこれまでにも何度も書いてきた。
誰であっても、たとえどんな貧乏人であってもどんな大金持ちであっても
人生の最大の使命は恩返しをすることだと私は思う。

自分だけで幸せがつかめたわけではないし、自分の才能だけで走り切れたわけでもないのだ。
静かに胸に手を当てて考えてみなさい。