続・旅とはそもそも(2)- バイクでゆく 立秋篇 裏窓から

🌱🌱
🌱🌱 旅とはそもそも(2)- バイクでゆく

バイクを買いました
新入社員のころです

休みが続くと旅に行きたくて
紀州の山の中を彷徨うように走り回ったりしたのですが

秋の連休に

仕事の束縛(休日出勤ですね)に反発するように
出勤明けの日に信州に向けて飛び出しました

地図を持たないあてのない旅でした

宿の予約もしませんでしたし
そのあとの行き先も決めていませんでした

もっと言えば
信州とはどんなところかも知らないままだった

卒業の間際に友だちの車で
麦草峠を越えて
蓼科や別所温泉に入ったりしながら
諏訪の街並みも楽しんできたことがありました

あのころに考えていた旅とは
ふらっと出かけるものだったのです

☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️

🌱🌱
🌱🌱  旅とはそもそも(3)- 筋書きのないもの

旅に
用意周到な計画などなかった

天気を予測することも(ネット情報も)なかった
オススメのガイドブックのようなものは無縁だった
(あれはお金持ちの人が行く優雅な旅のためのものだった)

高速道路を利用するお金はケチった
(そもそも高速道路もそれほどなかった)

貧乏旅であったので野宿もした

ユースホステルも利用した

ビジネスホテルは贅沢だった

誰かが行って良かった評判も大事だったが

地図を見てココに行ってみたいという衝動が大事だった

鄙びた温泉は大きな魅力だった

安くて美味しいご当地の料理(B級グルメ)を求めて走った

人里を離れた寂しい峠をひっそりと越えて昔の旅人の足跡を偲んだ

山村の道端の人とお尻が冷たくなるほど長く座り込んで話すこともあった

バイクを止めてそばに偶然止まったライダーと話し込んだ

女性ライダーも気さくな子が多く長々と話し込むことが多かった

総じてみんな気安く声かけあって楽しく語らった

YHの談話室では
「私たちも仲間に入れてください」
といって話に加わってくる子がたくさんあった

広告