価値であるとか本質というものを 見つめる姿勢 - 小満篇 【裏窓から】

ちょうど、バイクの仲間がサンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー(SSTR)に出かける日記を載せていたのを読む。

むかしの旅には目的地とか目標とかよりも、旅に出ることそのものや自分の旅の未完成さが生む必死根性のような意気込みが大きかったのではないかと回想をしている。

未完成であるが故に自分で何かを作り上げてゆこう、乗り越えてゆこう、未知なるものを見にいこうというようなある種の燃えるものがあった。

雲の動きはわからない。その日の天気の予測などあてにはならない。今のようにレーダー情報などない。宿の当てはない。ケータイも持たない。衣食住に纏わる道具は半分手作りのようなもので、お金を掛けて手に入れているわけではなく、決して便利で充実していたとも言えない。

しかしそれは当たり前のことだったし、もっと便利を望んだのだろうが、そんな不満のようなものやそこで生まれる向上心を胸の片隅に抱きながらの旅であった。

もしも充分に時間や金や情報があり、旅の予定が完璧に立てられ、安心が保証され、快適さが提供されていたら、ぼくは旅人を続けていただろうかと思うことがある。

🍀

小満のころは、旅の支度をしていた。

新婚旅行の二人旅に出かけたきり列車を使った旅を二人ですることはもしかしたらなかったかもしれないと気づき、なるほどと思うと同時に驚きも襲ってきた。

バイクで旅をする。そのあと子供が生まれて車で旅をした。

二人で出かけたことなどなかったのだった。あれから30年以上が過ぎていた。

そんなことを思いながら、むかしの旅のスタイルや情熱を蘇らせていた。

同じような旅のスタイルである必要は何もないし、気持ちにしても大きく違ってきてもいいだろう。

新しい時代のステージでは新しく思いついた新鮮な気持ちで旅に出よう。そんなことを考えていたのだった。

🍀

「広島・尾道 デジタルスケッチ」の日記のあとがきに

予習不足でしたが、ゆとりのあるときにもう一度散策をしてみたいです
旅に出るしたくをしなくてならない
けれどもなかなか捗らない

どうしてなのかを考えながら、そんな理由などはどうでも良くなってきて、むかしの旅は家を飛び出すときに勢いがあったたことなどを思い出していました

今回の旅は、新婚時代以来の列車旅でしたので、待ち遠しい日を何日も楽しみました

中身が濃い旅にするよりも、旅自体が楽しければそれでいいのだと思い直して、食べることとメジャーなスポットに重点をおきました

二日目には雨に降られましたが、なんとか乗り切りました

と書いた。

🍀

冒頭でも

無作為に撮り続けたカメラのデータを
するっと棄てられないだけかもしれません

デジタル機器が一般的になって
高機能な素子が普及して
身近なもののなかから
価値あるものとそうでないものの区別が消えかかっている

そういう区別からさらに一歩も二歩も踏み込んで
価値であるとか本質というものを
見つめる姿勢を世の中の多くは失っている

それは放棄してしまうことよりも
怖いのかもしれない

と書いた。

🍀

しかし
ぼくたちにできることは
この心意気を受け継ぐことなのだと
切実に思うのです

一人旅がブームらしい (裏窓から) − 寒露篇

♠️ 一人旅

一人旅がちょっとしたブームらしい

いかにも今の時代に誰がが何処かで何かに火を着けてやれば瞬く間にブームになりそうだ

そしていかにも何もポリシーのない人たちがブームに群がりそうなキーワードである

今まさにそんな時代ではないかと思う

♠️ しかしそういう人たちをなじって悪言を吐きたいわけではない

ブームに群がる人々の陰で本当に一人旅の歓びと楽しみと味わいに出会っている人も多いはずだ

これもいかにもで、きっと多くの旅人が一人辿る旅のルートを噛み締めていることだろう

♠️ 淋しさを一人で受け止めて一人で完全燃焼するような人たちが様々な迷いや妄想や泣き言や歓喜を経てその果てに行き着くところが一人旅だとも言えるかもしれない

即ち究極の淋しさを自虐的に噛み締める時代にあって今という時代の主人公の姿が変化しつつあるのかもしれない

そんなことを思うと一人旅の旅人をちょっと応援してやってもいいような複雑な心境も生まれてくる

🍀

♠️ 何故一人を選ぶのか

1980年代私は一人で旅をするバイクソロツーリストだった

あのときどうして私は一人旅を選んだのだろうか

一人旅なんてものは話し相手も相談相手も存在せず寂しいし心細いし弾むような楽しさも味わえないし独り言の繰り返しで答えのない自問自答を繰り返すばかりの旅だ

なのにどうして私はそんなスタイルの旅を選んだのだろう

どうしてそんな旅のスタイルが今ごろになって人気があるのだろう

♠️ 昔キャンプ場で酒を飲みながら自問自答のような会話を交わした名も知らぬ一人旅の若者を思い出す

逃避ですよ

その人は今現在日常を過ごしている社会や人間関係や仕事そのものから(たぶんあらゆるストレスから)逃避をしてきていると明確に語っていた

🍀

♠️ 人一倍の寂しがり屋が一人旅に出た理由は

ぶらりと無計画に家を飛び出せる軽さにあったのかと思う

本当は神経質で行く先に迷い道など絶対に無いようにありたいといつも考えて暮しながら仕事をしているやつだから糸をプツンと切ってしまうとやたらと遠くに行きたがった

♠️ 一度も行ったことのないところを未知なところという

いつも未知なものや未知な場所そして未知な人を求めて走った

いつも新鮮でありたかった

感動が欲しかった

行きているモノの息遣いを肌で感じて興奮していたかった

🍀

時代の大きな波が巡ってふたたび一人旅の時代がきたからといっても今の人たちの愉しむ旅と私の昔の旅とは随分と違うように感じるのは私の旅が十分にあらゆる地方を網羅したからであろうか

もしくは私がそれなりの年齢に達しているからか

「一人旅」という言葉は同じでもその言葉の意味が全く同じとは限らないだろう

さらにそれが誘うイメージなんてものはかけ離れてきても不思議ではない

素直に今の人に混じって昔のように一人旅に出てみるのも一つの選択だろう

けれども古い旅人は新しい旅人のように旅に出ることはできないだろう

❤️

社会人になって最初の秋の連休

十月の体育の日の連休は私の一人旅の第2回目のチャレンジ記念日だった

日記によると夏に紀伊半島を一人旅しているので記念日ではないらしいことも思い出しながらわかってきたからチャレンジ記念日と呼ぼう

あてもなく地図さえも持たずに高速道路に飛び乗るような旅だった

ひょいと家を飛び出し紅葉を思い浮かべ漠然とあてのない旅の道を探しなら北に向かって走った

泊まる場所も宿も決めずに走った

目の前にあるものや飛び込む景色は全てが私には感動だった

🍀

この世には悪人なんていないと思っていたし美人で魅力的な人ばかりだと考えていた

そんなピュアな人間に無意識に立ち戻ってゆけるのが快感だったのだろうか

一人になって現実から逃げ出してきている快感に惹かれていったのだろうか

家庭を置き去りにして一人で旅に出ることはいつの時代であっても我儘なことだったはずだ

そのことを承知で家を出てくるし家族は送り出してくれた

そこには語りつくせない深い愛情があったのだろうと後年になって回想している

🍀

今になってふたたび一人旅がブームになっても、それは私が一人で彷徨うように走り回っていたときとは全く違うものだと明白に感じることができても、あの時間に私がどんな激情で旅を続けたのか、どう言うわけか上手く説明ができずにいる

じれったいながらも言葉を探し続けている

そう 私の一人旅はもっと淋しくて哀しくてとことん一人でとてつもなく馬鹿げていながらもどこの誰もが羨むような自由さを秘めていて、もっとロマンがあったような気がする

懇懇と満ちてくるドラスティックでセンチメンタルなモノを求めようとしていたのかもしれない

木曽旅情庵 その2 ─ 寒露のころに考える

考えてみれば
失うことの連続であり
人生の第4コーナともなれば
新しいことなど
もうこれ以上に起こらない

旅情庵という宿へは
もう行くことはなかっただろうが
営業をやめてしまったことは
わたしの旅のひとつのカテゴリーに
ピリオドを打った

旅情庵に何度も泊まりに行き
信州の山々の雄大な風景や
目がさめるような秋の紅葉を目の当たりにし
大きく息をを吸って
元気な自分を取り戻そうとしていたのだろう

ちょうど十月の今ごろ
地図も持たずに
新品のオートバイで
乗鞍高原へと
鉄砲玉のように
走っていったのは
1982年10月の連休でことだった

三連休の一日目に仕事が入って
不平不満の気持ちで仕事に行ったときの気持ちの
記憶だけが強烈に残っているものの
あくる日に高速に飛び乗って
何も調べもせずに
ただ信州の方をめざすという
爆発心のようなものだけで
でかけたのだ

だから地図もなければ
宿の手配もしていなかった

あれから
信州の虜になり
木曽街道や中山道に夢中になり
秋の紅葉、初夏の新緑に
食べて走って湯につかって泊まって
という冒険のような旅をしてきた

旅情庵はそんな遊びのひとコマで出会った宿で
全国数々のユースを駆けまわったなかでも
飛び抜けて贔屓にする理由を
しっかりと持っていた宿だった

風呂に入れば窓から御嶽山の峰々が見えたし
窓のすぐ下には鄙びた田舎の山畑の景色があった

宿の建物は古くて
歴史を肌で感じることのできる味わい深いもので
タイムマシンに乗って
半世紀を飛んできたような安らぎの空間だった

ねこが
どっしりと
ふつうに
静かにいて

写真もスケッチも残していないので
わたしの記憶が老化とともに過去を捨て去る

それと一緒に消えていく記憶のひとつだ

それでいいのだ

木曽旅情庵ユース(YH) ─ 十月初めに考える

木曽旅情庵YH(ユースホステル)が昨年度末(平成27年3月)で閉鎖していた。

その話を知ったのは9月末になってからのことだった。
なるほどやっぱり という気持ちと 非常に残念な気持ち
更にはもう会えないのだな という寂しい思いだった。

何度も訪ねたYHだった。気に入っていたので友人知人を誘って
旅のみちづれになってもらったこともある。

(つづく)