自然に還るということ - 雨水篇 【裏窓から】

県庁へと登る坂道に小さな紅色の梅が花を咲かせているのを見つけたのは大寒を二、三日過ぎた朝のことだった
あの日は霙まじりの空模様で梅の花は冷たいしぐれに打たれていました

梅一輪一輪ほどの暖かさ  服部嵐雪
あれから幾度も雪しぐれの日がありました
けれども、春は確実に着々とやってきています

梅が香にのつと日の出る山路哉  松尾芭蕉
梅という花はとても高貴で芳しい香りを放つので大好きです
ぴりっと冷たい空気の朝、散歩に出かけてみると
どちらからともなく甘酸っぱい梅の匂いが漂ってくると幸せ気分が二倍になる

🍀

今月号のメルマガにシイタケの菌打ちの講座の案内を見かけました
これは農家では冬の仕事の一つでした
子どものころ、父がたくさん椎茸を育てていたのを思い出します

思い出といえば、今はほとんど見かけなくなった炭焼きも二月頃でした
煙が濛々と昇る炭焼き小屋の山まで連れられて行き小屋の中に入ると
中は真っ暗で生暖かった
もう記憶というには儚いほどぼんやりとした微かなものになってしまいました
消えてしまってはいけない暮らしの一コマなのだと思うのは昔人間だけでしょうか
あの温もりが懐かしい

何年か前に炭焼き小屋がどこかに残っていないかと思い山道を探し回ってみた
しかし、今やそんなことに時間や金をつぎ込む人はほとんど消えてしまいました

忙しいのか興味がないのか非実用的と思っているのだろうか

コメを生産する農家の人々は冬になると山へ行って仕事をすることが多かった
山は私たちの命を育んでくれている大きな資産です

文明が進化して、あらゆるものが最初から揃っている時代になった
便利で何不自由なく幸せに暮らせるから
豊かさはICチップやコンクリートの建物の中から生まれるとでも考えているのだろう

一人の技術者としてそんな浮かれた幻のような幸せに惑わされてしまっていたのが恥ずかしい
ヒトは不便に回帰して自然の守られて暮らすのが本来の生きる道だ
しかしそんなことを言い出せば変わり者扱いされるだけでしょう

雨水のころになると
間違いなく暖かい日が何日かおきにきて
嬉しくなってしまう

冬は冬で特別に嫌いではないのだが
寒さに気を張りつめている日々から時には解放されたい
と思っているのだろう

🍀

二人で買い物に出かけて
たくさん並んだ催事場のチョコをみていると
なんの申し合わせもなく何種類か買って帰ってきてしまう

バレンタインにチョコを贈ったりもらったりして
感動をしたような記憶はないのだが

大雪が降って
道路も何もかもが埋もれてしまった思い出がある

春を待つ今の季節は
嬉しいものから悲しいものまで
思い出がたくさんあり過ぎて少し困る

着々と


着々とその日を迎える準備をしている
時間がコツコツと音を立てるように過ぎてゆくように感じる

その日とは子どもが生まれる日で
予定では閏年の閏の日である

主治医の先生の話では
もうそろそろだということで
予想では10日ほど早いのではないかと
期待を募らせている

この子の母も
1週間ほど予定よりも早く
この子を生んだのだし
安産だった聞かされて
安心しながら
わが家でのんびりと時を過ごす

早いものだ
この子が生まれて
28年もたったのだから