夏の終わりに考える  白露篇 (裏窓から)

夏の終わりに考える

🌱

受け継ぐ
語らう
耳を傾ける

これまで受け継ぐというキーワードで思いつくことを書いてきた

そのきっかけになったことがある
最近では新聞や雑誌でもテーマにすることが多い
葬儀やお墓のことが引き金だった

身近でも自分が当人になることが一番に確率高そうだから
一般論としてその考えを整理しておかねばいけないだろう

残された人はご先祖や親のことなどを
昔ほどにも大事にしない社会に変化してきている

死んだら終わりという思想もあろう
魂や霊など現代物理学では今のところ証明もできない
墓などを作れば始末に困るだろう
参らされる人の身にもならねばならない
死んであの世でもう一度再会する保証などない

あの世のことを言い始めたら
二十一世紀の人類(ヒト)のおおよそが
あの世の実在性など認めないだろう

科学技術の進歩や情報化社会が社会通年を大きく変化させてきた

脳みそであるとか
そのずっと奥に潜んでいるヒトの心の構え方や拠り所までもを
変化させてしまった

いや
大昔からこういったことは変化しているのだけど
その速さを大きく加速させたと言った方が正しい

🌱

今の時代に亡くなった人の命を弔うモノは
間違いなく五百年や千年の後になったら形として何一つ残っていないだろう

形を残すことが人間の矜持のように大切だった歴史上の時代は
もうすっかりと消え失せているように思う

心は荒れ果てたわけでもないが
命が消えたらそこでお終いで
先祖を弔う、供養する、祀るなどという式は
確実に消滅してゆくだろう

もはやその準備は整いつつあるのではないか

🌱

墓は作らない
骨は散骨する
葬式は行わない

そういったことに異論は無い
だがしかし、その先が大切なのだ

血脈を辿る先祖がどんな偉大な
または愚かな歴史を刻んできたのか

現在の自分の中に流れる血潮の色は誰が作ったのか

それを忘れたり、軽んじたり
将又
その偉大さや足跡を理解できないままで受け継ぐことを怠ってはいけない

墓が、形を変えて消滅しても
昔から果たしてきた墓の果たして来た役割は譲れない
大切なことはそのあたりにある

どこまで心を伝えることができるのだろうか

🌱

新しい時代には新しい考えが存在する
それが進化したものであるとは断言できないし、しない

時代はスパイラルに進化もすれば逆戻りもする
情報化が大きく進化したのは確かだが
文明が進化したとは言い切れない

だから
その点を現代から未来へと生きていく人へ伝えたい

ただ
未来にある幸せが
ほんとうは不幸せであるのかもしれないのだが
それは誰にも判定できない、断定もできない

広告

鶺鴒鳴 ─ 白露篇 (裏窓から)

九月十二日になりました

暦によると二十四節気で七日から「白露」を迎え、七十二候では十二日から「鶺鴒鳴」の時候になっています

八月の下旬ころから庭でピヨピヨピュルルと鳴く小鳥がいますが、あれはセキレイなのかもしれません

環境学習情報センターの木村さんに問い合わせたら声を録音するか姿の写真を撮って欲しいといわれて早々にくじけてしまいました

小鳥はそう簡単に私の前へ出てきてどうぞというように記録を取らせてはくれませんけど、きっとセキレイなんだろうということにしておく

セキレイって一年中家の付近で見かけるのですけど、あんなに綺麗な声で鳴くのかと驚きながら毎朝透き通った鳴き声を聞いています

++

月がかわって朝夕がめっきりと過ごしやすくなりました

窓を開けて外の空気を部屋に呼び込むのは清々しく気持ちが良いのですが、少しひんやりするので夜中に窓を閉めに行かねばなりません

ぐっすりと寝ていたいのでタオルケットの他に少し厚めの肌布団を用意しておいてものぐさをしています

仕事帰りも日が暮れているのに驚くことがあります

夕焼けも綺麗になってきました


車窓の景色は10日の朝のもので、いつもの撮影ポイント付近です

たくさんの大豆が青々と茂っています

秋が深まると枯れ色になってきます

6日は三年ぶりの大腸カメラの検診で、5日から食事を抑えていました

うまく下剤が働くようにと、9月になったら消化の良いものを食べるように心がけて、無事6日の検査もクリアしました

ポリープはポツポツと小さいものが見られますが、気にしなくてもいいでしょうという先生の話で、現在生検に回っています

憩室が多いので先生は驚いてられました

どうもそっちの方を心配した方がいいのかもしれません