飾り気のない素朴なものを摘みながら明日は忘れていてもいい話をする 【裏窓から・立秋篇】

ともだち (七月中旬号)を書いてから何日かが過ぎる

その間にさりげなくツマにこの話を持ちかけてみたところ
「ともだちってのはなんでも話せるけど話せるだけやからな」
と喋りはじめたところで、ツマは大きく相槌を打ちながら
「そういうところがええのよなあ~」
という

「何の支えにもならないし命を賭けて協力し合うなんてほとんど稀で所詮『なかよし』なだけで『ともだちって大事ですよね』という言葉がもたらしているほんとうのともだちのイメージと大きな隔たりがあるのではないか」
と言おうとしていたところを遮られてしまった

そこでさらにぼくは
「たかが学生時代に偶然に同じ釜の飯を食うことになっただけで、一、二年の短い時間に何が分かり合えるわけでもなかったと思うのよ。どん底で一緒に苦労をして過ごしたりしたなら別やけど、たまたま出会ったお見合いの相手も変わらんやろ。もちろんお見合いというシステムは素晴らしい出会いのシステムではあるけど、ともだちをお見合いで決めるというのは一種の無謀な気がするのや」
と付け足した。

++

そのあと、ツマと何を議論したわけでもない

(ぼくたちは)一瞬のタイミングで偶然に出会った仲であり、我々をつないでいる不思議なチカラは、すごく安定してプラス(+)もマイナス(ー)もうまい具合に吸収しているのだ・・・
と似たり寄ったりなことを考えていたのではないか

「我々をつなぐ」不思議なチカラは決して世間一般にある「なかよし」なものではないし、「一日じゅう喧嘩をするように言い合いをしている」と身近な誰もが言うくらいだから「なかよし」でも「ともだち」でもないだろう

「なかよし」や「ともだち」というものはそう簡単に言葉やカタチには表現できないものなのだということが、考えてゆくに従ってわかってくる

おまけに、夫婦というものも得体の知れないチカラで繋がるのだということを再確認して、そんなことを考えて妄想にふけっているのだった

そんなときに大学時代に一二年を共の過ごした「ともだち」の一人がメーリングのグループから抜けてしまった

可哀想に、抜ける決心をするまでは、さぞかし窮屈な時間を過ごして辛抱を重ねたのだろう

これまでの人生をおくった様々な社会のなかで、ポチッとボタンを押して簡単に次のステップへとステージを変化させるようなこと、それは、組織を抜けたり、誰かを動かしたり、何かを壊したりということにも共通することで、このように変化を求めて移れるようなことはとても珍しい部類になる

何事も思い通りに使いこなせる術を、完璧に習得できることは素晴らしいことなのだから、そのことを考えると、思案時間の長短にかかわらず、ポチッと押してグループから抜け出て、新しいステージへと移ろうとする人には、さぞかし窮屈な瞬間があるのだろうと想像するのである

今は、スッキリしたことを願ってやまない

++

ヒトは、絶対に完成できないようなジグソーパズルみたいなシナリオの上で生きている

合わないこと、できないこと
悔しいこと、憤ること
許せないこと、不条理なこと
悲しいこと、うれしいこと
涙さえ出ないようなこと
などにまみれて暮らしている

そんな中で、
涙を見せたり、隠し通したり
笑ってごまかしたり
怒って見せたり
幸せを粧ったり
して生きているのだ

そしてこれからもそうして生きていかねばならない

 

🍀

ツマがおゆうはんのまえに小鉢を出してくれる
居酒屋風でちょっと気に入っている

この日は長芋とオクラ
またある日は、カマスの塩焼き

飾り気のない素朴なものを摘みながら取るに足らない話をする
明日は忘れていてもそれはそれでいいのだ

一流と二流とホンモノ(裏窓から) ─ 立秋篇

8月7日は立秋だった。
最高気温の記録を塗り替えながら秋になってゆく。
立秋篇を考えながらトントン拍子に時間がすぎる。


随分と昔からホンモノ(本物)のことを考え続けている。
なかなかそういうモノ(物や者)には出会わない。

これだと思ってもどこかニセモノが混じることがあり
邪心や嘘が隠れていることがある。
そのことを知るとがっかりする。

しかし、神様のようなカリスマ的な人が登場すればホンモノと呼べるかもしれない。
信頼をかけるということは、たとえ間違っていてもそれで押してゆく決意のようなものだ。
そこには意志があって誠意があって力がこもっている。

残念ながら今の時代は
確かに一流であるかもしれないもののニセモノが多くてホンモノは減少している。

ニセモノであるからといって悪意に満ちているとは限らない。
真面目で真剣で表裏のない信頼できるヒトや技や手法である事も多く
ニセモノをホンモノと信頼して成功をおさめる人もあるかもしれない。

何もかもが高品質で実現できる時代だからニセモノも立派だ。
死ぬまでニセモノと付き合ってもいいだろう。
しかし、ホンモノをしっかりと見据えた人であればあるほど
ニセモノなどで世を渡ろうなどと思えば透かさずに失敗を招く事になる。

やはり、ホンモノってなんだろうか、となるのである。

良質の完成品が出来上がり世に出回る。
行き届いたソフトウェアが搭載され、それを多くの人が認めて、高い専有率占めることになる。
烏合の衆がポチッといいねボタンを押し、人気指数が上位を独占し続ける。
それでもまだ、心からホンモノだと思って讃える事ができるかどうか、迷ってしまう。

人気商品、人気者、一流、二流と考えてゆくと
わたしが思っているホンモノは漠然ともっと違う形であるようだ。

<米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手が2016年8月7日、米コロラド州デンバーで行われたロッキーズ戦で大リーグ史上30人目の通算3000安打を達成した。2001年に米大リーグへ移籍して16年目。2452試合、9567打数目で偉業を打ち立てた>

ニュースが報じたときにちょうどオリンピックと高校野球も注目されていて、わたしの視線はピンボケになっていた。

<前日に代打で12打席ぶりとなる2999本目をマークし、この日は6番センターで先発出場。3打席凡退で迎えた七回の第4打席で右翼フェンス直撃の三塁打を放ち>

<メジャー16年目、プロ生活25年目。10月で43歳になるベテラン>

と記事にある。

ホンモノのことを考えていたらイチローのインタビュー記事が飛び込んできた。
予てから努力家で真面目な人間であると評価されているので、すこしじっくりと読んでみた。

(2013年8月、日米通算4千安打記録時)
<4千の安打を打つには、8千回以上は悔しい思いをしてきた。それと常に向き合ってきた。誇れるとしたら、そこじゃないかな>

(8月8日の朝日新聞記事から)
<プロの世界でやっていて記憶に残るのは、うまくいかなかったこと。その記憶が強く残るから、ストレスを抱える。その中で瞬間的に喜びが訪れる。それがプロのだいご味 >

という言葉を多くの人が引用している。

彼はわたしが描いているようなホンモノの姿にかなり近いのかもしれない。

田中角栄(元総理大臣)という人物もホンモノの政治家だったのではないかと思う。

ホンモノは、一流や二流と違う座標軸にあって、正しいとか悪いとか、強いとか弱いとかの話ではないのだ。