B面 鞄の中身 - 芒種篇 【裏窓から】

 

B面 「雷山無言Ⅱ余禄」をはじめる

雷山無言のカテゴリーにどうしても振り分けたくなる日記ができてしまうがあれはもう一旦終了したのだからと思い直し新カテゴリーを考えることにする

しかしあれこれと思いつくなかから詰まる所「雷山無言」を「そのⅡ」とし「余禄」篇を作ってみた。

長い間書いできた所感にはゴミが多く処分をしたいものが多くあるものの棄ててしまうには名残が惜しいく連想する思い出が出てくることがある

「 断捨離」 という言葉が浮かぶ

この言葉は世の中の人の叶わぬ思いをあたかも歯切れ良く代行しただけのもので実質的で内包した重要な課題はそれほど解決せずにふむふむと思わせるだけのものだとしか思えない

大きな声で最もらしく正義を語る現代の怪しい政治家や評論家や真っ当そうな解説者の発言にも似ていて心酔できないところがある

だからより一層のことこれまでのゴミの所感が引き続いたものを私は棄てられない

🍀
B面でいいのだ

むかしのレコードのように多くの人が目も向けてくれなかった作品でたまにどんな風の吹き回しかB面を聴いてそれを称えてくれる人が現れればそれでいい

そもそも冷めた見方をすれば所詮B面であるしAとBを決めねばならない以上どちらかがB面なのだ

近ごろの風潮として両方ともA面という甘ったれた言い方もあるようだが時代がもたらしている褒めて育てる精神の亜流のような面も感じる

だからわたしの所感はB面なのだ

🍀

肝心の所感には到達できず


 

鞄の中身

一二泊の出張に行けるほどのビジネス鞄を日ごろから持ち歩いていた

もう30年以上は使ってきたこともあって随分と草臥れたし新しいものに持ち替えてはどうだとうちの人が言うのであれこれ考えたすえ小さなショルダーバッグにすることにした

ソフトでカジュアルなものでお弁当箱がようやく入るほどのショルダーバックだ

B4サイズほどでノートパソコンも入るようなビジネス用のバックやリュックをくまなく探し回ったが長考の果てに思わぬカタチに行き着く

さて愈愈中身の引っ越しをするときが来てむかしの鞄の中身を改めてみた

折りたたみの傘、日傘、ポケットティッシュ、名刺、ポケットドライバーセット、調整ドライバ、爪切り、名札、筆箱(USBメモリ、シャープペンシル、万年筆、赤インクのペン、付箋紙、名刺、絆創膏が入っている)、手帖、アドレス帳、印鑑・朱肉、メモ用紙、物差し(20センチの定規)、夜間歩行者用の反射たすき、ルーター、100V用USBアダプタ、各種ケーブル、iPhone、イヤホン、タオル、ハンカチ、 お守り、歯ブラシ、歯磨き、うちわ、孔子(井上靖の文庫)、読書中文庫、クリアケース、水筒、缶コーヒー(冷)

まあいろいろなものを持ち歩いているのだなと我ながら感心をした

困ったことにこれらのすべてが小さなショルダーバックには入りきらないわけで無理矢理入れようとするとパンパンになってファスナーが閉まらんし何が何処にあるのかさえもわからなくなってしまう

あれこれ無いと困るのではないかと思って不安であるから入らないことが気がかりで夜も眠れないし夢に出てきて魘されてしまうところまで追い込まれてゆく


広告

寒くて静かな夜明けに考える - 大寒篇 【裏窓から】

大寒を過ごしてそのあくる日・土曜日から父の命日である22日・日曜にかけてムスメとの用事を果たしに京都へと出かけた

その日の少し前14日から15日には猛烈な寒波が列島に襲いかかり至る所で大雪の記録を作っている
センター試験とバッティングして受験生のみなさんは大わらわなことになったりした
そのときに降った雪が市内の路地や道端に残っていた

積もった雪を見るのはこの冬初であったので子供のような心でちょっとした歓びも肌に感じながら洛中を横切って車折の家へと向かった

私たち夫婦は初雪を見るような驚きや自分たちの住む地が雪国でないことの有り難みを感じつつ昔住んだ京都の寒さや結婚する前年の大雪を思い出として懐かしんだ

伊勢平野は風が強烈に冷たいので伊勢たくあんなどの名産も作れます
ですが、冷たい風がきつい割には気温はそれほどまでに下がることはありません
氷も張らない日もあります

しかしながら、さすがに雪が降り積もり、近隣地域の山々に一週間以上も雪が残る日が続くとなると寒いです
空気は冷え切ってしまい、重くて大きな冷気団が体当たりをしてくるようなエネルギーを感じます

🍀

成人式のころから本格的な冬になっているわけですが、しばらく辛抱したら抜け出せる日も例外なく来ます

京都の家も朝にはしんしんと冷え込みました
その朝方に隣で寝ていた孫が早々に目を覚まし布団から這い出て来たので抜かりなく捕獲して私の布団に引き入れました
添い寝をしながらごっそりと布団を頭からかぶって指をくわえて目を閉じている赤ん坊を見ていましたら、漠然とですけれども、あることがふ〜っと思い浮かんできたのです

それは、この子の記憶はまだ真っ白なのだということです
上手に表現ができませんけれども思っていることは伝わると思います
でも、それがどうだと反問されても困りますけど

脳みその中の真っ白な記憶領域に目の前に映ることを少しずつ焼き付けている毎日が続いています
記憶する能力もまだまだ未熟です
能力を磨き上げなからそしてセンサーも上達しながら目の前に映るものの他に、味覚・聴覚・触覚から飛び込む情報を処理している
ものすごいスピードで細胞は増殖し続けているはずです

この子は暗闇の中で指をくわえながらピクピクと体を動かしつつ
脳みその中のスクリーンのうえにどんなものを思い浮かべているのでしょうか

チョコ
チョコ

生きることの神秘性を感じ
ヒトの脳の無限な凄さに驚き
心理が発達してゆくメカニズムも面白く
肉体的な成長に目を見張る

この世のあらゆるものが時々刻々と変化をし
自転をし
増殖を繰り返す
一方で
普遍性を保ち泰然とするものもある

そんな無数の波の上で浮沈を繰り返し漂うように生きてきたひとつのステージが幕を下ろし
新しくなり再び幕を開けようとしている

ねがはくは花のもとにて春死なむ ─ 元旦篇 (裏窓から)

🌸 ねがはくは花のもとにて春死なむその如月の望月のころ 西行

年末のある日ツマと二人でおせちもどきの料理をつつきながらツマが突然「春には桜の花を見にまた嵐山に行きたいな」「死んでしまうときには桜の花の下で春に死にたいわ」というようなことを言うので驚いた

西行の歌を知っているかと尋ねたらそんな歌も人も知らないと言う

ちょっと西行を知らないのは勉強不足かと一瞬思うものの、今はそのことを指摘するための時間でも会話でもなく

この人が何故にそんなことをふと言いだしたのかが気になって私はそのわけを考え始めた

考えてもわからないことはたくさんある

ツマになぜ急に「花の下で」などと言い出したのか

尋ねたとしてもそんなものはわからないし考えようともしないと言うに決まっている

答えのないことをいつまでも問い続けその源流を探り続けることは人生の合理的に歩むという視点では全く無意味なことになろう

答えがないのにぐずぐずと考えるなど愚か過ぎると言い切る人もいるだろう

しかし

答えのないことにも根拠があるはずであるし本当は答えだってどこかに潜んでいるはずだ

見えなくなっているとかぼやけているとか邪魔が入って見つからないだけだといえるだろう

答えのない命題は、しかしながら、私たちがごく当たり前のように生きてゆく時間の中を漂い、人生という洋上を航海する私たちに無数の悩みや欲や希望や夢を及ぼし刺激もする

つまり例えば、無数の夢が無数の夢と結ばれれば「無数×無数の場合」が生まれるわけで、それに喜・怒・哀・楽の4つのケースを当てはめると「無数×無数×4倍」になる。現在・過去・未来を考えればさらに×3倍、憎しみと慈しみがあればさらに×2倍、富める人と貧しい人でさらに×2倍、忘れるものと忘れたくないものでさらに×2倍、男と女とどちらでもない人でさらに×3倍・・・

答えがないように見える問いかけを考え続けるのも人生なのかもしれない

たぶん大晦日の夜の闇を見つめて眠りを待っている時刻にはそんなことをぼんやりと考えていた