十月の満月 - 霜降篇 (裏窓から)

霜降篇

20日に熊野古道を歩きに出かけて
ご機嫌で家に帰って
いつものようにお酒を飲んで
その後に居間で横になって
うたた寝をする

飲んで食べて
うたた寝をして
風呂に入ってねる
という日常の繰り返しです

仕事はそれほど複雑ではなく
高度な知識や技術を求められているものでもないとは思うものの
もうこの歳なって
正規の職員と同じような成果を望まれているとしたら
光栄ではあるものの幾分重荷ではある

脳梗塞の症状は
そんなのんべんだらりとした日常の真っ最中に起こったのだった

20日の夜のこと

うたた寝から目がさめると
手が痺れていて風呂から上がっても心地が良くない

布団に寝転んで
スマホ(iPod touch)を仰向けになったまま
左手で操作しようとするけれども
手が痺れている

まるで
足が痺れて動かなくなり
突いても痛くなく
立とうとしても力が入らない状態になったときの様子に似ている

来たか 冷静にそう思った

(終)

霜降

十月のある日に
届いた手紙は
雨に濡れてインクが滲んでいた

返事を書こうと思うものの
意気込みすぎてなかなか書き出せない

メールは出しても読んでもくれない憎いやつ

ぼくも滲むインクで返事を書けたら

と ふと思う

意地っ張り

泣きっ面

🌱

ごめんねと言い出せなくて俯いて

🌱

満月の静かな夜のひとりごと

満月や思い出すのは君ばかり

🌱

25日は満月でした
今更眺めに庭に出ることもなく
しかし
夕刻の頃にどこかで真正面に向かい合ったが
さらりとかわして行き過ぎた

月を見あげるのが辛いというわけではないが

心が飢えていないいないと
人間は枯れてゆくのだと思う

星を見ても月を見ても
思い出すことはいろいろあるわ

暮れゆく秋に
今更何を
言えというのか

広告

台風21号 一過の月曜日 〜 裏窓から 霜降篇

10月23日は霜降
立冬まであと15日であると思うと愈々きたなあと染み染みと感じ迫るものがある

先日から産休で帰泊しているムスメも臨月の期間に入った
インフルエンザの予防接種も済ませた

今年の10月23日はそんな日である

そして台風21号が未明に大暴れして行った日でもある
記録史上初という降水量を記録しながらも近隣で大災害が発生しなかったのは幸運だったといえるかもしれない

予報技術の進化により半日ほど前には相当精度のいいレベルで豪雨や雨雲の予測ができるようになった
当たり前のように流れている危険警報が耳に残らないのかそれとも舐めてかかっているのか、はたまた怖さについて無知すぎるのか

悲しい報道がいくつかある

台風一過となったあくる日は月曜日、通勤で使用するJRが一日中運休したため仕事は休ませてもらった

昼過ぎになっても強風は収まることがなく、マゴの手を引いて住宅地のなかを散歩に出ても1歳半の軽いカラダは吹き飛ばされそうになっている

宇治山田駅に床に浸水があったというニュースを見た
高2の七夕の豪雨で宇治山田駅の周辺は水浸しになった
あれ以来だろう、きっと

霜降の夜に考える

あの雨は只者ではない雨だと気づき始めたのは台風が最接近する6、7時間ほどまえだった
夕暮れどきに玄関に出て庭の水たまりと黙々と振り続く雨にゾクッとする静かな勢いを感じた

一、二度か、二、三度かは定かではないが、子どものころの嵐の夜に家中の戸には戸板を打ち終わって台所と牛小屋の境の土間に担桶(たんごけ)を置きロウソクの明かりで食事をしたりして夜を待ったのを微かに覚えている

嵐が来れば停電になるのは当たり前のことだった

防災意識が高まっている昨今であるが、もしもこの日の夜に昔のように予告も避難勧告もなく突然に停電をして数時間を過ごすことになったならば・・・ということを、ふと、考えた

便利とは何か、どういうことか、科学技術とは何か
考えろと言われて考えるのではなく、必然的に見つめ直して考えることが最も有効な防災訓練かも知れない

もしも・・・の停電は起こらなかった
それが一番いいに越したことはない